上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は古代史の大国主と大穴持の視点、戦後の敗戦と終戦の意味を知っている。そして今、イスラム国とアイシルの言葉の先にある意味を知るべきである。勿論、イスラム国の意味には違和感がある。しかし、アイシルを使う痴愚性にはもっと嫌悪感がある。言うならば、報道機関は、括弧つきでいいから独自の表現が欲しい。私は無条件に「アイシル」を使う人種を信用しない。

私は後藤健二さんのジャ一ナリストとしての弱者への寄添いを高く評価する一人です。イスラム国に私は一部の正当性を認めるが、国と個人の評価に疑問を持つ。国を憎む心の底は理解できるにしても、一庶民の精神を無視する態度には野蛮性を感じる。主張の真意を無視すれば、それは彼等が憎む国の精神と同様の間違いを犯す事になる。その峻別が出来てこそ真の開放軍である。

スポンサーサイト
19歳の女子大生が70代の老婦を殺害した。

その理由に一端は、「人を殺してみたかった」と言うことが報じられている。
何と短絡的で一方的な考え方であろうか。「人を殺せば」自分の将来はどうなるか考えなかったのだろうか。親や兄弟、又周囲の人々に対して迷惑をかけるという事実を放棄するほど無思考で切羽詰まっていたのであろうか。
こうした偏った思考法が世の中に蔓延しているとしたら、恐ろしい事だ。

私は今の安倍政権はこの女子大学生と同様の偏った思考法で進行しているような気がしてならない。

国会の答弁を聞いていても、安倍氏は米英と同様にイスラムの軍事集団を「インシル」と安易に呼んでいる。(民主党の前原氏も同様である。だから私はこの類の議員を信用できないのだ)

私はイスラム国を作った要因の一つには米英の誤った軍事政策があると思っている。特に、如何なる理由があるにしてもイラクのフセイン殺害は犯罪と言っていい暴挙である。
一方、イスラムの他国の市民殺害は偏った知性の欠如した暴君の振る舞いである。米英の施政者と市民を一からげにする愚かな政策も又、誤りである。

日本は愚かな戦争を通じ、敗戦の反省から独自の立場で「もの」を言うべきである。それが主体性と言うものだろう。

今の日本の施政者は自国の(考え方はどうであれ)国民の生命と財産を守る責任がある。だが、現状を見ていると安倍政権はそれを放棄し、偏った見地からしか国民を見ていない。
彼等は、自主性を失い、古代から受け継いだ「もののふ」の精神(私はそれは融和・・・「和」・・・の精神だと思っている)を失い、米英に追従する立場「もの」と物事を評価する精神に同化してしまった。

私は米国の9・11と同様な災害が起こらない事を願う。それは最早、現実のものとなってしまったのである。

もう一言、沖縄の民意を無視して米国の辺野古基地征作を力で行っているようだが、この精神的構造はイスラム国の施政者と変わらない姿勢である。猛省を促したい。
2015.01.25 私は哀しい。
私はイスラム国における湯川さんの死を自らの死として考えざるを得ない情況に追い込まれた。これで私達は中近東戦争の兵士にさせられてしまった。

確かに北爆による石油基地の破壊や経済政策による原油価格の低下によってイスラム国は窮地に追いやられている。窮鼠、猫を噛むではないが、これでイスラムの兵士は全世界に散らばり、日本にもその影響が皆無とは言えなくなってきた。
私達は他人事ではなく、隣人にテロリストが存在すると言う現実を真剣に考えざるを得なくなった。
集団的自衛権が現実のものとなったのである。最早、欧米に肩入れをするといった事実が観念的ではなく現実的になってきたのだ。今こそ、日本のアイデンティティを現実のものとして考える時が来てしまった。

黒船はイスラムからやってきた。
ある古代史家は「ホ」についてこう述べている。
まず、「日本書紀」について「吾が児、比の宝鏡を視まさむこと、当に吾を視るがごとくすべし、与に床を同じくし、殿(おおとの)を共にして、斎鏡(いおいかがみ)とすべし・・・・又勅して白く。吾が高天原に所御(きこしめす)斎庭の穂を以て、亦吾が児に御(まか)せるべし」とのたまう。

天忍穂耳尊は、稲穂の神、又は稲穂をすべる神、穀霊そのものである。また「オシホ」は「大穂」とも解されるかもしれない。ヒコホ(彦穂)つまり新生の穂、米児を意味するニニギ尊の親を表わす「大穂」と見做して差し支えない。
一方、火のニニギ尊は、稲穂がたわわに実ることを表わしたものである。「火」の「ホ」は、「炎」や「稲穂」のように、先端が閃って上に向くものを表わしている。そこから優れたもの「ホ」というようになった。

本居宣長は「古事記伝」で、「穂之丹饒君にて、稲穂に因れる御名なり、丹とは稲の赤熟(あから)めるを云。・・・・又芸(ぎ)は、加比の約(つずま)りにて、饒かいの意にて有るべし」

以上にあるように、天忍穂耳尊や火の(番能)ニニギ尊のように「穂・火」を「ホ」と言い、「稲作」を意味する言葉に集約させようとする。
私は、日本語が元来、会話を基として、その音を伝える習慣であった。「原日本語」はその言葉に多岐性を持っている。私は、古代史家が天忍穂耳尊や番能ニニギ尊を「稲の霊」と頑なである。しかし、日本語の本質を考えると、強ち「ホ」を一方的に決めとけることが正しいとは思わない。これは私の私見ではありますが、「古事記」「日本書紀」の構成を見ると八世紀の識者は賢明で「ホ」を二面性を暗示させるように提示しているように思われる。

八世紀の大和に於ける識者は、明らかに弥生時代以来の稲作を深く理解し、その恩恵を受けているのはいうまでもないだろう。それは彼等が北九州の原郷の出自であり、ニギハヤヒ命や物部氏と同様に朝鮮半島の文化や習俗の影響を受けているに違いないのである。そこには儒教の臭いがする。

しかし、神代における神話は北九州の文化的・思想的範疇を越えて、南九州から始めている。南九州は末子相続や文身・断髪、鵜飼の習俗が伝わり、朝鮮半島にはない中国江南の文化・習俗を表わしている。又、日向・薩摩の地はシラス台地の火山灰の堆積で稲作には不向きな土壌である。それなのに「古事記」「日本書紀」の<天孫降臨>を霧島山麓の「曾(襲)」の地から始めている。薩摩・日向は太古より「火山」の大噴火に悩まされて、その文化・習俗は水稲耕作を除けば江南的である。

ニニギ命は日向の高千穂の曾(襲)より、笠沙に移るが、そこで出会ったのは吾田津姫(木花之佐久夜姫)である。姫は自分の父は大山祇命だと告げる。大山祇命は火雷神や高オカミ(龍神)と共に、火の神・迦具土の児である。
そして、火の室に囲まれて生まれた児が火照命(海幸)・火遠理命(山幸)と火にまつわる神々である。
そう推察すると南九州は<火に関わる地(くに)>であり、そこから出自した皇孫も「火」に取りつかれた皇孫たちである。

勿論、八世紀の「古事記」や「日本書紀」の編纂者たちは、大和の大神(おおみわ)への対抗に天照大神を設定し、宗教改革を目指すと言う役割を仰せつかっているはずで、「稲霊」を神話の文脈に押し込める主旨をも臭わさせることも忘れてはならないと言える。

そこで彼等は史実も深く理解していたと思う。太古(縄文時代)・九州・大和の歴史の経過を古老・巫女達の語りから深く認識していたと推察する。そこで神話と言う形を借りて彼等は語ることになる。
賢明な彼等は神武東征の先に饒速日命と物部氏の東遷を大和へ先遣させていることは、八世紀の政権を意識した賢明な把握であろう。そこには稲作の重要な根が潜んでいやしないかと私は推測する。饒速日命の東遷が語られなければ「ホ」の二重性は単なる推論に過ぎなかったろうが、その東遷が「記・紀」の編者の思惑は見逃していただろう。それは双頭の妖怪にも似て複雑に時空の空間を超えて、巧妙に「ホ」の二重性を語っているのだ。それと共に彼等が太古からの史実を認識していたのを私は理解する。

12000年前の上野原遺跡を彼等はどの程度知っていたか文献も遺跡を確認する記述が見当たらないので、確信はないがある程度の伝承を把握している様子が窺われる。

古事記が熊曾(襲)や曾の地を表現しているところを見ると、曾の内容が、白川静氏の「字通」にあるように、「曾は甑に通じる」と記述されている。上野原遺跡は12000年前の遺跡だが、「集石遺構」や「連結土坑」が発掘されており、その機構は、その装置は「蒸し器」の性格を示していることを見逃せない。
あくまで仮説ではあるが、「曾」の意味を私は「曾の地」と取りたい。そして、八世紀の識者達はそれを何らかの手段で認識していたと思う。
南九州の「火の地」の類推から「古事記」は火を扱う器具を熟知していて、南九州の土器が丸底が北九州の尖底と異なることを知っていたはずだし、上野原遺跡やかこいノ原遺跡が南九州に存在していたぐらいの認識はあったと私は推察します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。