上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
政治については、少し控えようと思っているのですが、無関心でいられない状況が次から次えと起こってくる。
大体、今度の代表戦には八割程拒否したい、後の二割は現実的な選択でやむなく発言しなくてはと言った程度である。
私としては、挙党体制とマニュフェストの堅持は原則であると思っている。勿論、現実に不可能な事項については党内討議をしてから変更すべきなのだ。そうでなければ、解散して国民に信をとうべきであろう。
しかし、どうやら野田氏が代表に選ばれたようである。正直いえば、海江田氏でなくてよかったとは思っている。状況が変われば、変質してしまう信念など人として最低である。そんな人間に国政を任せられないではないか。かといって、財務省の傀儡で原則をも簡単に変えてしまう野田氏も同じ穴の狢であろう。こんな人間達に日本国を良くできるはずがないのだ。愚直に、私心を捨ててこそ、人は動くのである。もう、我々は赤心に帰って、物の本質から物を見ようではないですか。素直に物の中心から物を見ましょう。欲望や目先の感情だけで物事を判断するのを止めようではないですか。
野田氏は挙党一致を唱えていますが、またぞろお題目を裏切るのでしょうね。真実、政治家は言葉が命なのですが、また、軽い言葉で我々を暗い気持ちにさせて、知らん振りするのでしょうね。残念ですが、二流国の日本国民としては我慢するより仕方がないのですかな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/124-76a103d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。