上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
税金が足りない。そんな時、古事記の仁徳天皇の「国見」を思いだす。天皇は丘に登り、村に煙が立たないのを見て、三年の間、国民に税を免除し、自らを戒め、宮殿の修理、食事を倹約して節約に精進した。その結果、村に煙が立つのを見て税を正常に戻したと言うものである。
それを思い出し、確か、小澤一郎の信条がそれであったと思うが、違ったろうか。しかし、小澤がそれを実行に移しているとも思われないが、基本にそれを掲げているだけ他の議員よりましと言うものだが、人間的に寛容さに欠けるところが不満である。高潔すぎて仲間が寄り付かない。(本気で反抗する者は排除してしまう。それを飲み込む寛容さが欲しい)仙石初め、似非左翼よりまだ信用できるのだが、世の中は巧くいかないものだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/135-232c72d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。