上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都庁の教育課に生涯学習係へ出かける。大体、運動部門が多く。文化と言えば華道とか習字、太極拳と言ったごく平凡な講座しかなかった。係員も古代の見識は皆無で古事記など眼中にないようだ。話していても絶えず視線をそらし落ち着きがない。私が小澤一郎の仁徳天皇の「国見」の話をしても、「国見」とは何ですかと、聞き返すのだが、ニ三分過ぎると忘れていた。
話しているうちに、古代史なぞ学習の範疇に入っていないのであろう。会話に進展がない。仕方がないので早々に引き上げてきたが、感じることは関係講座は、簡単な身体を使う学習には金は出すが、知的な文化には需要がないのか、資金援助はもとより組織創りにも関心がなかったように思えた。
明日はどうしようか、気持ちが萎えてしまう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/147-00a0051a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。