上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.07 創作5
鳥居刑事は電話で佐藤を呼びだした。彼の意向で公園にして欲しいということで刑事は公園の椅子に腰掛けて待った。
佐藤は痩せた背の高い男でなぜか百舌を思わせる顔つきである。足早に佐藤は鳥居に近ずくなり
「刑事さん。よしてくださいよ。独り言はあの一回にすると言うことだったでしょう」
紺の背広はしっかりと折り目が整えられていて、着付けに隙がない。
「申し訳ない。私も大伴さんの星をあげるに必死なのですよ」と、言い訳をする。
「私も協力するのにやぶさかではありませんが、こう度々だと省内の目と言うものがあるので気を使って戴きたいものですね。大体、尋問は二人なのではないですか」
鳥居もこの手の人間は苦手である。物事を万端、知悉していて揺さぶりも誘導尋問も通用しない。かと言って、誠意さえも通用しないのだ。これが正規の事情聴取でないことを見抜いている。鳥居が刑事ではなかったら、無視されていただろう。
「すみませんね。殺人事件でなければ呼び出したりしません」
これも佐藤の事情を考慮したのだとは言えない。彼はそれが解っているくせに先を読んでいる。
「十分だけですよ。この後、会議があるのですから」
「申し訳がありません。先日、大伴さんが省内の飲み会の最中、一人抜け出した。と、おっしゃいましたね。どこへいかれたか解りますか。飲み屋なのかもっと別の雰囲気なのか」
「解らないな」
佐藤はぶっきら棒な口調で言った。と、少し顔色が変わったように見えた。
「何か」
「そうだ。もう数年前なのではっきりした記憶が残っていないけど、彼が助力を求めてきたので、それに応えたことがあった。それが参考になったとかで、彼の馴染みのスナックへ招待されたことがある。そんなことは珍しいので覚えている」
「どこだか解りますか」
「もう、かなり時間が経っているので忘れたな」
「場所はどの変です」
「ああ、あれは確か、四谷だったと思う」
「店の名前は解りますか」
「無理だよ。古いことだし、一度きりだからな」
「よく思い出してください。動物とか人の名、地名もありますよね」
「そう言われれば、確か、花の名前だった気がする」
「何の花です」
「忘れたな」
と、言って彼は腕時計を眺めてから、「もう、省に戻らなければ、会議がはじまる」と行きかけて「こんな調子の尋問は今回限りにして欲しいね」とダメを押す。
鳥居刑事は両手で顔を叩いてから、立ち上がった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/218-34c605a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。