上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電気、水道、ガス工事が十一月に入って頻繁に行われている。管轄がどこだがはっきりしないが、一頃は自粛なのかめっきり減ったと思ったが、またぞろ連発している。
役人の締め付けが緩んだのだろう。私は不景気な時代に景気を喚起するために公共事業を施工するのは強ち反対ではない。しかし、そこに私心があってはならない。どこの指令か今の私にははっきり言えないが、野田政権になって、官僚が息を吹き返してきた印象は拭いきれない。一時は私もこの政権に期待の端くれを持っていたが、今、私は歪んだ官僚達と愚かで狡猾な一部政治家による利権の温床を感じる。これは自民党全盛を思わせる。
今は、経済情勢の危険な曲がり角である。舵取りを間違えれば、とんでもない所に行き着く。それが私には気がかりなのである。先ずは、印象まで。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/228-ada3cab1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。