上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天孫降臨はニニギ命が日向の高千穂の襲の二上嶽に天降ります。真床覆衾に包まり降臨するわけですが、その他は二つの高千穂があります。一つは日向国風土記の知鋪の件(くだり)にある西臼杵郡であり、他は霧島山系の「襲」です。私はは天孫降臨は霧島の「襲」を取ります。天児屋命、布刀玉命、天宇受売命、伊斯許理度売命、玉祖命の五伴の緒とそれらを先導する天忍日命と天津大久米命そして思金神、手力男神、天石門別神とかなりの多数の集団で降臨するには、その後、真来通(まきとう)る笠沙に移動するとしたら、西臼杵郡の高千穂は遠すぎるのです。それに、「襲」は私は會於(そお)をあてるのですが、その「襲」は霧島山系に近い曽於郡・大隈(現・国分市)にあります。この大隈周辺には、縄文早期にあたる上野原遺跡が発掘され、大隈一帯には先住民族・會族が定着していたと思われます。この會族は大和朝廷が名つけた、順わぬ「熊襲」に当たります。

風土記には球磨曽於とし、一説には球磨と曽於の二国とするのが、私には本居宣長の「熊襲」の「熊鷹」「熊笹」「熊蜂」のように「熊」は猛々しいの意味で補強の形容詞をとり、勇猛な民族の住む「襲(曽於)」という説をとりたいと思います。

<熊襲と隼人は同一民族であり、五世紀を境にして、大和朝廷に服属しなかった人々が「熊襲」であり、服属したのが隼人と言うように、同一種族の人々が異なる呼び名をした>と上村俊雄は述べていますが、私は上村説を支持したいと思います。

古代南九州の日向・薩摩の地には、古モンゴロイドである曽於族が居住し、上野原遺跡やかこいノ原遺跡に見られるように、少なくとも縄文早期(紀元前9000年)頃より南九州には定住していた。そこに、天(てん・あま)からニニギ命が移動してきたと言うのが天孫降臨の意味でしょう。

「猪甘部考」で滝川政次郎は<漢の武帝が南越を征したあと、飽くなき漢人の誅球を逃れた百越の民は、黒潮に乗って九州西海岸の南と北へ渡って来た。黒潮は屋久島の沖で二つに分かれ、その一つが北上して対馬海峡に向かっているので、南・北九州に着くのはほとんど同時である。その北九州に着いたものが安曇族であり、南九州に着いたのが隼人族ではないか>と述べています。谷川健一も、滝川説は納得できる推論であると「古海人の世界」と表わしています。私も又、この説には賛同しますが、、南九州に着いたのは隼人族と言う主張には若干の錯覚があるのだろうと思います。

隼人は大和朝廷に服属した「熊襲」です。それは大和朝廷が名付けた名称で「熊襲」は元より、南九州に先住した古モンゴロイドの末裔で、先住民族のはずです。決して渡来系族ではありません。敢えて、隼人族と名付けるとしたら、それはニニギ命と同道した」安曇族でしょう。あるいは、久米族だったかも知れません。その安曇族が
隼人と融合して、隼人をなのることがあったかもしれません。しかし、本質的には江南の地からやって来たのは、滝川政次郎が唱えたように、北九州に着いた安曇族と同族の渡来民族なはずです。

もう、お気付きでしょうが、そうするとニニギ命もまた、渡来民族の長なはずです。天は<あま>で海と言う意味があり、天孫降臨の垂直行動を水平行動に置き変えれば、海よりやって来た渡来民族を考えても差し支えないのではないでしょうか。

すると、「襲」の意味が重要になってきます。日向の高千穂の襲に降り、真来通って笠沙に行き着き、阿多鹿葦津姫と笠沙で血縁します。阿多鹿葦津姫の父親は大山祇命と言います。大山祇命の出自がはっきりしませんが、オオヤマツミの名称は大山の命とも、山と海の命とも取れますが、阿多鹿葦津姫の阿多は海の意味であり、隼人族との関係が深いので、大山祇命は山と海の命とした方が合理的です。すると、大山祇は錦江湾と霧島山系に囲まれて居住している曽於(會・そ)・大隈周辺の先住民族の可能性が大きいと思われます。阿多鹿葦津姫が野間半島の笠沙(現・加世田市)にいると言うことは、大いに考えさせることです。加世田市には、かこいノ原遺跡が存在し、この遺跡も上野原遺跡と同様、縄文早期(紀元前9000年)と言われます。奇しくも、上野原と同時期です。偶然なのでしょうか。私は大隈と加世田市に種族的なつながりがあるような気がしてなりません。上村俊雄の説くように曽於族と阿多族は血族であっても不思議ではないのです。私は巷間に言われる「海の隼人」と「山の隼人」の関係が成り立っていると思います。「海の隼人」の先住地である笠沙には、かこいノ原遺跡があると言いましたが、この遺跡の特徴は丸ノミ型石斧が出土していることです。紀元前9000年頃から、この地では丸木舟を製造していた証左に丸ノミ型石斧はなると言えるでしょう。この地は黒潮の関係で沖縄や中国・江南地方からの漂着が多いと思われます。又、南方・ポリネシアからの漂着した事実も在ります。出雲のセグロウミヘビや藤村藤村のヤシの実も、黒潮がもたらす海のしるしです。始めて日本に仏教をもたらした鑑真和上もこの野間半島の秋目に着いています。この事実は野間半島から各地の海人族の交流の場となっている証拠でしょう。そのため、阿多海人族は紀元前9000年から、海の恩恵を受け他国との交流も行い、造船技術をも高めていったと考えてもいいと思います。私が南九州が縄文時代よりかなり高い文化を有していたと考えているのですが、この野間半島はその発信源となっていたと思います。阿多鹿葦津姫の存在はあの文化の頂点に存在していたのであり、それを意図して、海人族からの情報を摂取していたのが大山祇命であると言う事実がニニギ命を先ず、「襲」に天降らせた所以ではないかと考えます。

私は南九州と北九州の文化を分けているのは、国見山系と霧島山系による険しい山並みだと考えています。北九州が朝鮮半島、江南、先住民族の混在で多くの国が存在し、政治的には難しい状況であったと思われます。そこへ行くと、南九州には先住民族と、渡来系民族は江南系中国民族の二種族に絞られ、比較的融和な状況にあったのではないでしょうか。古事記にも」、二つの種族・海人系先住民と江南渡来種族(呉が主であったと思われます)の混血が繰り返され、神武天皇に行き着くわけです。

宗教・思想的にも、北九州種族は儒教的なのに比べ、南九州系種族は道教的で、江南の習俗や思考を反映しています。例えば、文身や鵜飼の習俗、末子相続など江南の呉族の影響が顕著です。一方、北九州はどちらかと言えば(八世紀には大和に於いて、北九州系種族が王朝を勝ち取るのですが、多分に儒教的で朝鮮思想の影響が濃厚です)、儒教的で長子相続で文身も鵜飼の習俗も極めて少ない。天忍穂耳命(英彦山神社の際神)やニギハヒ命(高良山大社の際神)は朝鮮系のミコトでしょう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/270-75997a72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。