上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天津久米命は天忍日命と共に、ニニギ命の天孫降臨を日向の高千穂の襲より、笠沙へ軍人として先導したと記しています。その吾田の地(現・加世田市)・上加世田遺跡より、久米を刻んだ土器片がそれを証明しています。

久米氏は「古事記」での表現であるが「日本書紀」では来目と記します。私は「古事記」の表現は<音>としての立場が強く「日本書紀」の<訓>表示より意味を伝えきってはいないきらいがありますと思っています。

本居宣長は久米氏を、目が大きいとしたのは卓見だと思います。それは南方系(沖縄、江南、南島系の種族)の風貌を述べており、神武東征で大久米命を伊須気余理比売(いすけよりひめ)に「さける利目(とめ)」と言わしめたのは、大久米命が安曇目(あずみめ)で、海人族(あまぞく)の形状を呈していたからである。

これらの事実を総合して判断すると、久米氏は南方系の種類に似て、肥前国風土記にある「海人が隼人に似る」と述べるのは、渡来の海人族である久米氏も又、隼人に似て、南方系であるか、隼人との混血による種族であったと思われます。

三品彰英は「日本神話論」で<久米氏が栄えたのは四世紀頃で、大伴氏が軍事的伴造として台頭したのは五世紀である。久米氏はもともと西南地方の隼人系出身と言われている。「クメ」と言う名は「肥人」「熊襲」の「クマ」と同じであり、隼人系の人々は海人族の民であった>と説いている。

ここで、詳細は省くが、「クメ」「肥人(くまびと)」には異論がある。隼人系の人々は海人族だという主張も、薩摩隼人、大隈隼人、吾田隼人と多少その性格に差異がある。敢えて、海人族と言えば、野間半島の吾田隼人であろう。
私の仮説だと、南九州の大隈周辺には上野原遺跡に見られるように、會族が先住しており(大和朝廷をそれを熊襲と呼ぶ)、それらの種族が薩摩全土に居住していた。そのうち、黒潮との関係で、後に「海の隼人」とよばれる吾田族が時を重ねて、沖縄、中国江南地方、南方諸島と交流して、海人族として活躍したと思われる。一方、大和朝廷より大隈隼人と呼ばれた「山の隼人」・會族は上野原遺跡(BC9000年)に見るように大隈周辺に先住していて、かなり高度な文化を有していたと言える。
上野原遺跡からは、220基もの炉を備えた竪穴式住居が見つかっており、堅果植物の実の灰汁を抜き、煮沸して粉にしたと思われる蒸し器や貯蔵のための大壺が出土している。土偶や耳飾(占い用)の存在は明らかに祭祀が行われていた証左であろう。
また、會には「字通」によれば「甑」に通じ、「蒸し器」「大釜」の意がある。勿論、八世紀には考古学は存在しないので、上野原遺跡の「蒸し器」や「大壺」は考慮の外であるが、推測するに地元の伝承ではそれらの言い伝えは聞き及んでいた可能性はあったでろう。それが「會」の名称になったとは考えられないことではないだろうか。
「甑」は甑隼人とも関わりがありそうで、大隈地方と「甑島」そして大山祇命の関係も大変、興味がある。神武東征の後の追及になるので、時間が待ってくれるだろうか。

縄文時代は少し下がるが、BC5500年東北の三内丸山遺跡は200人にも及ぶ人たちが共同作業をしたと思われる大集会場や祭祀場、かなり高層の櫓や分業、栗の栽培、川の合理的な使用法、墓地が整備され、ゴミ捨て場も整然としている

この三内丸山遺跡から類推できるのは、少々、粗雑過ぎるかも知れないが、ただし、縄文文化を考える上では、大いに参考になりはしないだろうか。翡翠やアスファルト、黒曜石が発見されており、それらは他の文化交流の証でもある。
日本海には、対馬海流や親潮の影響があり、舟による交流も推察できる。それは、南九州を流れる黒潮の影響と似たとこらがあるように思われる。

いずれにせよ、大隈周辺の縄文時代の優れた文化は間違いないところである。
その先住民族の結束力と勇敢さが、吾田族を介在として、高度な文化や造船技術、軍事力を備えた渡来民族と血縁したとなれば、そこには優れた種族が誕生するはずだ。それが隼人の実態であろう。

私はニニギ命から神武東征まで、それらの種族の軌跡だと理解している。
ニニギ命の新田神社、彦火火出見命の鹿児島神社、ウガヤフキアエズ命の鵜戸神社、佐野命・神日本磐余彦命の宮崎神社と南九州をその勢力で制覇した感がある。私はそれを南九州系王朝と呼ぶが、せれを支える臣下が久米氏と隼人或いは、その混血種族だといえるのではないかと想定しています。陸海、二つの要素をあわせ持った集団が南九州系王朝だとして、この集団は何を考えたのでしょう。

私はここで、南九州系王朝の先進性を考えたい。ご存知のように、南九州は火山地帯で、嘗て火山の噴火により、農作物には不向きなシラス台地である。水を必要とする稲作には適用しない地質なのです。しかし、高温多湿の気候は再生力に優れ、森林は繁茂し木の実や根菜、小動物の成育には最適である。
他に、彼等はもう一つ最大な武器を持っているのです。それは海人族だからこその特権、秀でた情報収集があると言うことです。彼等は船を使用して、各地を巡り交流して、行き着く先との交流、交易だけでなく、文化・地形・国情さえも収集することが出来たのです。

神話では塩土老爺が重要な時に現れ、有効な示唆を与えます。
ニニギ命の笠沙への移住、彦火火出見命を竜宮に導く時、それからもっとも神話の核心である神武天皇の東征の指摘が塩土老爺であった。塩土老爺こそ、豊富で正確な各地の情報を把握できる海人族の首長であったと思われます。安曇族を中心として、宗像族をもその手中に握る海人族の機関の頂点だからこそ、塩土老爺は有力な示唆が出来るのです。

私は来目(久米)氏を「海の隼人」との融合と述べましたが、来目(久米)氏が海人族的な性格を持っていて、時代が下ると彼等が膳手(かしわで)の職掌を担っている伝承に出会う時、それは何かを思い出させるのです。その何かは「安曇氏」です。来目(久米)氏と安曇氏とは重なり合う要素が多すぎるのです。南九州へ上陸した海人族・膳手としての職掌、そして各地への氏族に因んだ地名が多いことそして、初期において彼等の勢力が衰退していることです。

同族、いや、同族異姓の感さえあるのです。滝川政二郎が安曇族を隼人族だとした意味は、隼人族と久米族が同族だと考えれば、三つの氏族(久米、安曇、隼人)が同じ要素に集約されていたからこその錯誤であったと思われます。
安曇氏と来目(久米)氏は同族で隼人との融合、混血が南九州系王朝を形つくっていて、その主要部分が東征し、八世紀頃には北九州系王朝に覇権を握られたと言うのが私の仮説です。(大化の改新をそれに比定することは容易なことではないでしょう)安曇氏も久米氏も、早い時期にその勢力を衰退させたのは、南九州系王朝の衰退と重なるとこがあるには、偶然の一致なのでしょうか。私はますます、この伝承の姿を明らかにしたい衝動にかられます。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/289-faf76ee0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。