上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.23 神社について
昔、神社には殿(とのい)はありませんでした。社(やしろ・もり)と言い、神が降りてきてそこにと留まる空間でした。神石や神木がそれでした。
深い森に入ると、シンとした張り詰めた霊気を感じるものです。私も森林に入り、木立に囲まれて、身の竦む霊気を感じたものです。そんな時、私も神の存在を意識したものです。
多分、太古の人々も薄暗い森の中で、木漏れ日に神を感じ、身に沁みる霊気に神を視たに違いありません。

私も大宮氷川神社にそれを感じました。あの神々しい感覚は今も忘れることはありません。素晴らしい経験でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/291-2e4421ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。