上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.25
古事記や日本書紀でも、イザナミが国生みの際、神々を創生する時、先に夫に声をかけます。

ここも女性優位の文化を見ます。
しかし、(記・紀)を編集した識者達は、漢文化、朝鮮文化の影響のある男社会の知者であって、その母権社会を否定するところから出発したのではないでしょうか。

印象として聖と俗、天津神と国津神、弱者と強者と支配者的な発想がします。
つまり、縄文社会・母権社会から、父権社会への移行が水蛭子や淡島を誕生させ、それを葬り去るところから歩みを始めます。(私は記・紀の優れたところは、その歴史状態を完全否定しないところに見ます。
蛭子やスサノオウ等の混沌した者の存在を持続しているところあります。)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/3-8a0a0c57
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。