上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小澤一郎が彼の政治信条は仁徳天皇の「国見」の思想だと言う。それを信じてここに少し長くなるが掲載してみようと思う。(本当にそうであって欲しいが)

「古事記」
<ここに天皇、高山に登りて、四方(よも)の国を見たまいて、「国の中にけむり発たず。国、皆貧窮(まず)し。故、今より三年(みとせ)に至まで、悉(ここ)に人民(たみ)の課(みつぎ)、役(えだち)を徐(ゆる)せ。」とのりたまいき。ここをもちて大殿、破れて壊れて、悉に雨漏れども、かつて脩(おさ)め理(つく・造)ることなく、ウツワモノ(建物)をもちてその漏れる雨を受けて、漏らざる処に遷り避けもしき。(雨を避ける)後に国の中を見たまえば、国にけむり満てり。故、人民(たみ)、富めりと為(おも・思)ほして、今、課(みつぎ)、役(えだち)を科せたまいき。ここをもちて百姓(おおみたから)栄えて、役使(えだち)に苦るしまさりき。故、その御世をたたえて、聖帝(ひじりのみかど)の世と謂(い)うなり。>

仁徳天皇は山に登って、「国見」をして、煙が見られないのを見て、税金や使役を三年免除し、自らも住居の修繕や食事を倹約し(一説には、ぼろをまとい粗末な食事であったと言う)、三年後に、「国見」で村に煙を確かめてから、税金を納めるよう指示をしたと謂う。

官僚と政府の輩はこれをかみ締めて欲しい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/304-eca55c5d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。