上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は猿芝居の台本を見つけてしまった。その台本はどぶに捨ててあった。

多分、大きな政治のうねり(泥まみれの欲得族たち)が私には見えている。一人は他国にいて苦境に立っている鉤鼻の亡者、そして自分の銀行預金をニタニタと笑いながら眺める性格の悪い丸坊主、そしてあく代官と老舗大ダナ、これらが大連立とやらを演じるエピロ~グである。どうせ自民と民主(似非左翼と松下政治塾の盆暗)そして愛も変わらずのこうもり党が画策した猿芝居。

私はこの猿芝居で確実に、民主・自民・公明の大連立を見た。如何して消費税の税率を引き上げるために躍起になるのだろう。国民が消費税引き上げを基本的には認めている心理を先取りしているつもりだろうが、国民はギリシャのように官僚がぬくぬくしている状態で引き上げを認めているわけではない。大多数の国民が幸せになるために認めようと言うわけなのだ。

権力亡者は自分達の繁栄に固執して国民を騙すのはもうこれくらいにして欲しい。猿芝居を見ていてそう思った。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/315-6e4bb7f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。