上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の家庭は戦後の占領軍の兵士の犯罪から出発した。働き手を失った生活は、貧困と家族の生活苦から来る苛立ちがもたらす荒廃が荒んだ状況を生じさせた。毎日まいにちが口論の連続であった。
半身不随の父はその苛立ちの結果、直ぐに暴力として表れ、それを嫌う私達は家に帰ることを忌避する。新聞配達を終えても、直ぐに家へ帰らず、夜遅くなっても帰りたくなかった。そのことがまた父を怒らせる。母は母でなれない労働で疲れて帰ってきて、父と衝突する。まさに、私の家庭には平安はなかった。
嘗て、ブログに書きましたが、犯罪に近い行動を私は経験して、生き延びてきたわけですが、多分、東北・福島にはそこまで落ち込みはしないでしょうが、現実的には苛立ちの多い生活が想像されます。

今、私は東日本大災害にそうした被災地の方々の苦しみを思い、様々なことを考え、これからの行動を興して行こうと思っています。

先ずは、私は黙祷します。そしてこれから大災害集会に出かけようと思います。

TVを見ていて、原発の廃止について(日本は唯一の被爆国です。それに無神経な人が多過ぎる)、孫正義さんがゴビ砂漠電力施設建設構想を聞いて、孫さんの構想の大きさに驚き、諸手を挙げて賛成したい。私も孫構想を人に伝えたい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/320-5a40a6b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。