上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「古事記」「日本書紀」は都合の悪いことは沈黙する。<卑弥呼>や<蘇我氏>は何も語ろうとしない。多分そこには、大和朝廷に都合の悪い事が含まれているからである。

現代では消費税であろう。そこで特別会計や公的積立金を財務省が語らないのは、そこに重要な項目があるからではないからだろうか。

公的積立金はひょっとすると形式的な表記しかないのではなかろうか。厚生労働省が名目の帳簿記載で保険料を使い込んでいたように、財務省もまた、特別会計を不正に使い込んでいるのではないかと言う疑惑が湧くのは財官僚が必要に拘(こだわ)るのは、そこにあるのではないことを期待する。

日本国民は払ってしまった税金については、無頓着である。そのことを利用されてはいないだろうか。隣のおばさんのように気軽にそういったお偉さんの行動に口をはさもうではないか。そのことが自分達の生活を良くすることに成るかもしれない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/326-1cf18a38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。