上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不思議なもので、安曇については各地にその居住の跡が窺われる。しかし、南九州には安曇の痕跡が少ない北九州・対馬の志香の島には明らかに安曇磯良を祭神とする神話が存在するのに、南九州にはその欠けらさえも見当たらない。政治的に抹消されたのだろうか、その理由が解らない。「記・紀」は意識的に無視する事があるだけに、安曇の薩摩・大隈の存在を隠していることは考えられる。不自然なだけに追求は必要だろう。心を引き締めて探索に係ろうと思う。

何かいい資料がないかな。頑張るぞ!

安曇氏に関する同類の地名
近江には安曇(あど)川がある。大阪には安堂(あんどう)奈良には安堵(あど)その外、先代旧事本紀に跡(あと)部のアト、阿刀造(あとのみやつこ)のアトは安曇に因む名称である。

余計な話題~「チ」は古語では命の根源のことです。「チチ」は母乳の事ですが、命の元の意味なのです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/33-916511c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。