上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は日本は大きな三つの大きな集団が権力を握っていると主張してきた。

この二三日の政治状況を見ていると、やはり日本の国民は赤子の手を捻るように財務省のスト~リィのままに動かされているのがはっきりした。見事に野田氏を使って検察さながらの物語作りは見事だと思う。誰が見ても野田氏が俳優でその演出は財務省とその眷属の力が働いているのは明瞭である。

私はもう予言してもいい。財務官僚と、政治家検察、裁判官の三権分立は最早、機能は失っている。その序章は三陸会裁判である。あの裁判は人を裁く唯一の原則である証拠と自白を無視した魔女裁判である。今度の小澤裁判はシナリオどうりに有罪だろう。私としては司法の独立性を望むが、客観的に観察すれば難しいと思わざるを得ない。(これまで狡猾な施政者は国民を飼いならしてきた。反抗しない国民の育成は見事である)

消費税の税率引き上げに始まる官僚と眷属たちは民主党を手中に治めた。小澤裁判はその開幕である。

私は今、語っている推察が私の独りよがりであることを摂に望む。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/338-ce4964aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。