上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検察審査会事態、私はよく理解が出来ていないが、検察捜査で明らかになっているように公明性こそ大切なのである。少なくとも審査基準ははっきりさせ、審査員は責任を持たなければならない。陰に隠れて擁護されながら、被告を裁くのは、先に不明性や冤罪性を招く結果になる。

被告を裁くのは被告側の人権もあるはずで、その責任を果たすためには、審査委員の公表はやむをえないと私は考える。匿名で裁くのは将来に禍根を残すのは必定である。

人が人を裁く時には明らかに、裁く側の責任は取るべきで、その覚悟がなければ、人を裁く行為はやるべきではない。
小澤裁判(検察審査会がどう言う規約にやっているか不明だが)が裁判制度に準じるなら、三審制だろうから最高裁まで持ち込まれるのだろう。
私はこの裁判制度が敗戦後のGHQが最終的に決定できるような悪法だと思っているので、現在、無罪だとぬか喜びは早急だと思っている。過去に何度も喜ばせて最後に逆転敗訴と言う煮え湯を私達、占領軍被害者遺族連盟も味わってきた。法の上の正義は絵に描いた餅に等しく、日本の民主主義はまだ、占領下の志向を抜け出していない。政治的洗脳が我々をまだ従属的な意識のまま操られた状態で放置され、その改善はなされていないのである。

私が述べる四悪(官僚支配、財界の独善、癒着政治家の横行、米国の圧力、更にもう一つ食われればマスゴミの言論操作)は依然存在しており、個人主義の下に彼らは結束を図っているから、国民がバラバラのうちはいとも簡単に私達を操ることが出来るのである。
藤井某が野田氏にブレるなと檄を飛ばしているようだが、この財務官僚の連絡係は全ての責任を取る覚悟があるのだろうか。腹が立つ。こんな輩が日本をダメにしているのだ。







スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/365-3a2beb22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。