上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野田首相は如何して海外では元気で国内では覇気がない(国内では、記者会見は少なめで、外国では溌剌として見解を述べる臆病者である)のだろうか。こんな人間に信用は置けない。勇気とは苦難を恐れぬ誠実さのことである。大体、「松下政経塾」出身者はこうも破廉恥なのだろう。自分の行った事は棚に上げ、他人だけは厳しく非難する。こんな政治家を私は信用しない。

ここに「政界地獄耳」の記事を紹介しよう。

「また野党が小澤の証人喚問を求めていることについて、前原は<政治家たるもの、自分自身がどう判断するかだ>と格好のいいことを言うが、自分の外国人献金問題は発覚後も、ポロポロと断片的に記載ミスが表沙汰になったことは棚に上げての発言はどうなのかといいたい。確か、野田も脱税企業からの献金などが発覚しても<返したから問題ない>という対応で乗り切っただけで、民主党が抱える政治とカネについて「政治家たるもの」などといえるほど、この問題は解決済みとは言い難い。結局、党内けん制ばかりで、政治とカネとは小澤を指す代名詞のように語る前原や野田の対応には、国民は不信感を抱いているのではないか。<人の振り見て我が振り直せ>なのか、<同じ穴のむじな>なのか」

と報じている。私も同感だ。前原などは小澤落としだけに終始しているように思え、まるで民主党なのか自民党なのか解らない。その癖に、都合のいい時には、党員なのだからと仲間意識を強要する。支離滅裂なのだ。こんな連中に政治を任せることなど出来ないではないか。いや、身内をかばう事の出来ない狭量さを私は人間として理解できない。それ程、考え方が合わないのなら、袂を別てばいいのではないか。あほらしい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/368-368edde6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。