上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国際政治評論家・小西勝也さんはG8の宣言と日本のマスゴミとの表現の差を怒っていた。
G8は各国、経済成長と雇用促進を宣言しているのに、日本の報道人は揃って、緊縮財政を書きたてている。
これはドイツの緊縮論の阻止であると言われている。世界経済は経済成長が肝要でこれ以上の緊縮は経済を破綻させるとといている。

それなのに、マスゴミは明らかに誤報とも思われる緊縮論を垂れ流すのは、野田消費税値上げを後押しする世論誘導に他ならない。多分、財務省の圧力であろう。財務省と言うより、現代の官僚は自分で汗を流して、苦労するより、安易な方法で財源を得ようとする自分本位な気質を押し付けてくる。
今の日本人は多少無謀なことを押し付けても反抗なぞしないと、高を括っている。まあ、そのとおりなのだから、仕方がないと言えば仕方がないのだが、このまま行けば最後には自殺者が増え、人々の焦燥感が高まり、偶発的な犯罪が増えてくるのは目に見えている。
そんなことは、計算高い官僚は百も承知で、他人が死のうと争おうと自分の腹は痛まないと思っているのである。

小西さんの話を聞いていて、彼は本気で怒っているのを感じ、私も小西さんの言う、財務省のリ~クを阻止したいと考えた。早速、抗議文を財務省に送ることにする。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/393-e891bfb0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。