上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「日刊ゲンダイ」に、小澤裁判の裁判長に東京高裁第四刑事部の小川正持氏(62)を決め、早速、指定弁護士に「控訴趣意書」の提出をはやめるように支持したという。小川氏は嘗て、「推認」をした前科があると言う。

私は裁判官にあってならないのは、状況証拠だけで判決を決めることはあってはならないということである。
裁判の判定は、証拠と自白が原則である。(法の客観性)そこに固執すべきである。裁判の独立性は堅持すべきで、政治的な判断をすべきではないと、説に願うばかりである。

「日刊ゲンダイ」だから少し偏りがあるので、鵜呑みは出来ないが、この裁判官の経歴は、原告よりの判決が目立つが、裁判官の選定はどうしているのだろうか公開して欲しい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/396-2605a58e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。