上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットで邪馬台国・近畿説を話題にしていたが、私は陳寿の記載には三割程度の価値しか与えられないと思っている。大体、陳寿にとって、日本列島の倭はそれ程の重きを置いていなかったろう。中国の史家だから文献は正確に読んではいるだろうが、その検証は正確だったとは思われない。日本の識者は「魏志倭人伝」を過大に評価しすぎるきらいがある。あのような曖昧な表現は一級の文章だとは思われない。参考までに留めるべきである。

私は邪馬台国の関係で言えば、狗奴国に関心がある。考証はまだ手をつけては居ないが、仮説として薩摩、大隈、日向がそれに比定されると思う。魏志倭人伝には「菊池彦」「卑弥日子(ひみひこ)」が観られるが、これは「風土記」などにある、「球磨曽於」の記載のこじ付けなのではなかろうか。「球磨」は肥後であるが、「曽於」は薩摩・大隈の地名である。北九州・肥後と曽於郡とは大きな障害として国見山系が立ちはだかっている。古代では地上より船の移動が主流であり、陸の移動は少なかったと思われる。あの険しい国見山系を歩くのは容易なことではなかったろう。軍隊の行進は曽於郡が存在し、後の隼人研究(會族)でわかるように、曽於族は勇猛な軍隊である。かなりの勢力が要求される。(曽於郡が肥後を侵食することはまだ可能性がある)
陳寿は文献で「球磨曽於」を読み、それを記載したに過ぎないと推察する。

私は南九州は江南と曽於族の混血種族だと思っている。北九州はそれに比らべかなり複雑で、黒潮に乗って江南から、そして朝鮮半島から渡来人がやって来て、先住民族との混血がを構成している。群雄割拠、権力は分散していたと思われる。北九州間のにらみ合いが続く限り、南への干渉は困難であっただろう。
縄文晩期から弥生時代は権力が分散しない南九州の権力が温存されていたことは容易に理解できる。私は「古事記」の洞察力に驚くのは、かなり南九州への洞察が深いことにある。

余談だが、上野原遺跡がその遺跡の出土から象徴的な「甑」にちなんで、「會」となずけたのではないかと洞察している。上野原や野間半島のかこいノ原遺跡などは縄文初期においてかなり高い、先進性を有している。後に「熊襲」と蔑む文化の高さを「記・紀」の編者の洞察力はかなりの高い考察を思わせる。

初期の南九州の情報量の多さは野間半島の海人族によるものと恩われるが、神武東征の先進性を大いに含んでいる。私は神武東征が史実として可能であるとしての状況証拠は多いといえる。軍事力も(船と金属と情報力は南九州のほうが古代では上位だったろう)、情報力も神武側は豊富であったと推察する。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/415-f028fb0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。