上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卑弥呼と対峙した、その南端の国は狗奴国で歴史的状況から曽於族が率いる熊襲国を想定するのはそう大きな誤りとは居えないだろう。熊襲国は大隈半島周辺に

先住した曽於族から分派したか統合された薩摩、吾田、大隈隼人族や諸県族などの種族から形成されていたのも事実であろう。
また、黒潮の流れに乗って、南北九州へ渡来した江南人と朝鮮半島から弥生期に北九州へ渡来した朝鮮渡来系・種族が一つの勢力を形成のも誤りとは言えないであろう。
そして、北九州系種族が国見山系や霧島山系を越えて、薩摩や大隈の地域へ遣って来るのも至難の業である。だとすれば、南九州に一つの大きな勢力があっても、強ち見当外れとは思われない。
と言うことは、南九州先住民族と江南渡来の安曇族が融合して一つの勢力を形成したと言う仮説は見当外れとも思われない。それなのに、その痕跡が見あたらないのはどうしたことなのだろう。
再度、気を引き締めてその根拠探しに神経を集中しなければならない。
しんどい事である。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/42-763f228c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。