上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.25 何か虚しい。
民主党、自民党・公明党(自民宗教右派)の擬似大連合がやりたい放題をし始めた。そうした現象を議員も国民も非常に楽観ししている。

私達は前の選挙で旧自民・公明の反国民政策を拒否して投票した結果、民主党の不完全だが賛成票を入れたのである。マニフェストは少し甘い政策ではあったが、しかしその精神は確かだと判断したのではなかったか。それを未熟な哀しさで官僚の狡猾な漁夫の利政策に利用されてしまった。それは民主党内部矛盾を上手く読まれて、理由されてしまった。多分、官僚は自民党・執行部とこうもり政党・公明党の大臣ぼけ集団に取り込み、見事に民主党を分裂させてしまった。その尖兵が野田某で自説を難なく変質させたでくの坊である。いや、一部の松下政経塾なる坊ちゃん政治家達であろう。それに似非左翼仙石某が火をつける。
労働者集団の労働貴族の経団連より体質へ右傾化している事は、やはり全国電気経営集団の策謀であろう。つまり、我々が見えないところで彼等は自己保存のために必死の画策をしているのだ。
最早、小澤一郎だけの問題ではないだろう。小澤の力ではどうにもならない。我々の分散された力でもどうにもならないのだ。

だから私は歯軋りをして事態を見守るしか方法がないのを悟ったのである。保守勢力と官僚の結束に凱歌が上がったのだ。やりきれないが、仕方がない。なるようにしかならないにである。最早私は傍観するより仕方がないのだろうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/423-f44988af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。