上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.27 小澤の反省。
小澤一郎の政策は概ね、賛成できる。しかし、彼の欠点は人材育成の戦術が皆無であったことだろう。現在の小澤党の構成員は当選一回生が圧倒的である。過去、彼は彼の政策を支持し擁護してきた仲間を受け容れてこなかった。まして若手の後続者を育てることも怠った。「清水(せいすい)に魚住まず」個人の理論だけで政党は存続はできない。彼には組織がないのだ。政治は集団である個人の行為では何もできないのである。その意味では小澤は政治家失格であろう。しかし、遅まきではあるが、小澤はうぬぼれをかなぐり捨てて、一からの出直しである。

成り振り構わず新たに突き進んで欲しい。私は加重の期待はしていない。しかし、ここが頑張りどこである。

多分、狡猾な野田氏は仙石や松下政経塾の未熟者などのもとで、偏った処分を行うであろう。それが力関係である。仕方がないのだ。今はそれを突き破るしか方法はない。誤った政治手法ではあるが、現在存在している政治屋よりは小澤政治のほうがましである。国民が未熟なので仕方がないのだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/424-6090d1a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。