上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このところ、政治的行動をし過ぎました。費用もかかり、生活を圧迫しだしたので、暫らくは戦後史と古代史に視点を変えなければならないでしょう。

幸い「久米氏」の進行が順調で、意欲が出てきています。初期王朝はその文献の主流である「古事記」と「日本書紀」の内容を検討をはじめ、おぼろげながら「記・紀」の違いがわかり始めてきました。

「古事記」が天武天皇が中心で、後宮の歌姫(巫女)がかかわっているという説が新羅的な発想があると言うのは非常に興味がわきます。そして、「日本書紀」が政治的で百済的な支援があるという説は納得が行きます。少し、この問題を追求しようと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/445-9b6a6d61
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。