上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先ずは、今、興味のある古代史を無理に考える。暑さしのぎである。

ニニギ命が高千穂の襲(會)の峰から野間半島の笠沙へ行く。その時、天津久米命と天忍日命に先導される。
私は天津久米命(久米直の祖)が薩摩隼人との関わりで重要な地位を占めていると思っている。神武東征では久米氏は神武天皇の一番の臣下であったはずである。久米舞は大嘗祭にも儀式として取り入れられている。
しかし、神武施政以来、重要な地位にその名を現すことはない。史実でも、上加世田遺跡に久米の刻印を刻んだ土器片だ見られるくらいである。続日本紀では渡来朝鮮工人に久米の姓を奪われてもいる。その衰退は目に余るものがある。
久米直氏はどこへ行ってしまったのだろう。これはあくまで仮説ではあるが、滝川政次郎説のように、江南から黒潮に乗って、久米氏は南北九州に着いた安曇族(私は滝川説の南九州に着いたのが隼人ではなく安曇族であると考える)が先住民族隼人(その当時は海人系會族)と混血を重ね久米氏を名乗ったと考えている。
「今昔物語」では久米寺縁起で、「竜門寺」で仙人の修行を安曇氏と久米氏は行い、安曇氏が先に免許皆伝して天に昇り、一年送れて、久米氏の皆伝したとある。
ここで興味あるのは、二人が中国・江南の道教の教えである神仙思想が見られ、両氏が共に学んでいることである。両氏は同族かかなり親しい部族であったのだろうと思われるからである。
そして、史実として、両氏の共通職掌が軍人で膳手(かしわで)として活躍していることである。
私は江南系王朝が初期王族の主流を占めていたと考える。文化的にも中国部族のほうが上位にあり、朝鮮部族もその洗礼を受けている。北九州の海人族は宗像であろうが、宗像女神は天照大神とスサノオウとの誓約で生まれた神である。血統的には安曇氏のほうが先行しており、宗像氏のほうが後続の血筋である。
「記・紀」での神話でも安曇氏はイザナミ命の禊により生まれた綿津見の神の子である。綿津見神を生んだ後に天照大神とスサノオウが生まれている。この関係は、中国文化が先に日本に上陸し、その後で朝鮮文化が北九州に影響を及ぼすことになる。当然、朝鮮文化は大陸経由で中国から伝播したのであって、その事実が「記・紀」に反映したのである。

しかし、南九州で生まれた江南文化を背負った王朝は八世紀には北九州系の朝鮮文化を背負った王朝に衰退をさせられる。それと共に神武系王朝は交代して、「久米氏も安曇氏」もその勢力を失ったと思われる。

「襲」は大隅地方に属し、そこには一万年前の遺跡・上野原遺跡があり、6300年前の「鬼界カルデラ」の噴火で九州に関わらずかなりの地方へ影響を及ぼし、火山灰は東北にまで降り注いだと言われている。そのため、南九州は全滅に近い被害をこうむった。上野原遺跡もまた忽然と姿を消したといわれている。
しかし、かなりの文献は全滅したと告げるが、私はそう言う非現実的な考察を信用しない。南九州は桜島、阿蘇などその前にいくらでも噴火の経験があったと推察する。その伝承は確実に伝わっているはずだ。生死をかけた生活を危機意識なしに対処していないはずはない。上野原遺跡の高度な文化を確実に継承していると推測する。

<鬼界カルデラ噴火を分析した町田洋は、こう言っている。・・・「三回の噴火の間には、数時間から数十日の間隔があった。火山に対する畏怖の念を持っていた彼等ならば、逃げることが出来たかもしれない>と。
さらに、丸ノミ形石斧に注目し、各地の遺跡の出土物を調査した考古学者・小田静夫は興味深い事実に気がついている。
<丸ノミ形石斧を系統の同じ円筒型・磨製石斧が黒潮の流れに沿うように、木屋ヶ内遺跡(高知)、不動寺谷遺跡(和歌山)、供養橋遺跡(八丈島)などに出土しているのが判明している。この外にも、南九州が発祥の地と言われる「連結土坑」(燻製施設)が鴻野木遺跡(三重)、浜井場遺跡(愛知)、匂坂中<さぎさかなか>遺跡(静岡)、関東と、黒潮の沿岸に伝わっていろことが解かった。
また、多摩ニュウタウン遺跡(4500年前)にも、南九州の人々が作り出した「磨製石斧」が出土している。

これらは、上野原人が太平洋の黒潮に乗り、縄文文化を伝播した証左に他ならない。

南九州の先進性は当然、古事記においても語られているが、多くの学者はあれは神話であるとかたずけてしまう。
日向三代についても、この重要性を述べる識者は少ない。私は初期王朝において、南九州が勢力があったと考える。

安本美典は「邪馬台国は、その後どうなったか」でこう書いている。
「天孫降臨後、第一代二ニギ尊は薩摩半島西端と見られる「笠沙の御前」に到り、木花開那姫(吾田津姫)を娶っている。そして、ニニギ尊の陵墓の有力地は鹿児島県西部・川内市中にある。第二代・彦火火出見尊の陵墓は鹿児島県中央部・薩摩半島と大隅半島が枝別れする根元の部分にある。第三代・ウガヤフキアエズ尊は、更に東に移り、鹿児島県肝属郡吾平町の地にあり、大隅半島の地である。第四代・神武天皇が若い頃にいた狭野の地は、都とした宮崎の地は東であり、後に神武天皇は、東の畿内・大和へと遷ってゆく。
明らかに、南九州の西から東へと移動しているのがわかる。
と述べている。
因みに、ニニギ命を祀る神社は新田神社(川内市)で、彦火火出見命は鹿児島神社(大隅市)、ウガヤフキアエズ命は鵜戸神社(宮崎県)である。

これは江南から渡来したニニギ勢力が地元先住民(熊會族)と混血を重ねながら、南九州をその勢力圏内に入れて行く様を捉えた状況を記述したことなのであろう。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/457-8602a33a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。