上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和(やまと)朝廷の基本的な構造は南北九州・出雲・大和であろう。

南九州はニニギ命、北九州はオシオミミ命、出雲はアメノホヒ命、大和はニギハヤヒ命を高天原は葦原中国へ派遣する。それを最終的に統合するのが神武天皇(神日本磐余彦)である。

私はこの構図の底には史実の裏付けがあると思っている。
ニニギ命は天孫降臨を日向の高千穂の襲に選び、野間半島の笠沙に行き、阿多鹿葦津姫(コノハナサクヤ姫)と
遭遇し娶る。

ここで何故、天孫降臨は南九州なのかと言うことです。北九州の方が合理的に思うのだが、南九州にしたのはそれ相応に理由があるのではないかと思います。
それは初期王朝は中国の影響があったからです。文化は先ず、中国からだったのです。私は笠沙を発祥としたことに意味があると考えます。笠沙にはかこいノ原遺跡が存在し(紀元前一万年前の遺跡)、そこから丸ノミ式石斧が出土し、既に丸木船の製作がされていたと思われます。黒潮や対馬海流を勘案すると、縄文時代から南北に航海が行われていたという事実が浮かび上がってきます。
一方、中国江南からも黒潮に乗って、九州に漂流している事実があります。野間半島・笠沙はその漂流が盛んに発生している所です。高千穂の襲が大隅地方で笠沙との関係、吾田姫(コノハナヤサクヤ姫)と大山祇命の関わりは
ニニギ命はアマ・船に乗って江南からやってきたと想定が出来るのです。野間の會族(大和の命名では隼人族)は明らかに海人族で江南との関係は無知であったとは思われません。幾つかの情報は共有していたでしょう。
そのことは、「日本書紀」「古事記」に現れる<塩土老爺>がかなりの情報通であることから、<塩土老爺>が海人族の首領で多くの情報を持っていたと思われるからです。
かこいノ原遺跡の丸ノミ式石斧文化圏は鹿児島、大隅諸島、トカラ諸島、種子島、沖縄などに広がりを見せており、海を通じてかなりの交易が行われていたと思われるのです。当然、中国江南との接触は多く発生していたでしょう。そのことを勘案すれば、江南から笠沙に着いたのは江南の倭族(私は・呉族であったと考えます)が船で遣ってきて、吾田姫と血縁します。滝川政次郎教授は江南から南九州に着いたのは隼人族と述べられていますが、それは幾つかの錯誤があり、私は隼人族は會族の大和朝廷に服属した種族で南九州に居住していた先住民であったと考えています。ですから、滝川先生の隼人は先生が北九州に着いたのが安曇族と述べられているように、やはり南に着いたのも安曇族だと思われます。
但し、イザナギ命の禊で生まれた綿津見神の末裔・安曇族は神武東征には姿を現しません。久米氏が神武天皇の護衛をしているのが「古事記」に見られます。
仮説に過ぎないのですが、久米氏がそれに代わったのではないかと思われるのです。それを裏付ける文献は少なく、私が知る限りでは、「今昔物語」の仙人修行のくだりで、「久米氏」と「安曇氏」が共に修行をしており、「安曇氏」が先に合格して、天に昇り、続いて「久米氏」が昇天していることぐらいです。
これによれば、両氏はかなり親しい種族か、同族だと思われるのです。二三の文献(扶桑略記など)もそれと同じ記事を載せていますが、そこに大伴氏が加わっているのも興味がそそられます。
各文献を好く読むと、膳手や武人等、両氏はかなり似た性格であり、同族の可能性は十分考えられます。

私は、久米氏・安曇氏・隼人の近親性を追及しなければならないと思っていますが、今の所、大変不十分で後の課題ととなります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/472-036f7002
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。