上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前から気にはなっていたが、海幸彦と山幸彦の関係である。「古事記」でいえば、彦火火出見命(山幸彦)と火照命(海幸彦)の説話である。

ここでは、ニニギ命と吾田鹿葦津姫の息子である。つまり、血族と言うわけである。言うまでもなく、山幸彦は天孫後継者であり、海幸彦は隼人の祖先であるとする。神話と史実の問題なのだろうか。時たま、名称の混同が起こることがある。
私の認識では、隼人は熊襲(熊會)の末裔で、朝廷に従わなかった種族が熊襲(熊會)族で従属したのが隼人だと理解している。熊會族は南九州に縄文時代から居住していた先住民族である。
私は本居宣長の熊會説をとり、會族は南九州に先住していた民族と思っている。その中心は大隅地方・上野原遺跡もある霧島山の麓であると考える。「天孫降臨」はその會(襲)から野間半島・笠沙(現・加世田市、加世田は笠沙の田の訛りだという)へ行き、ニニギ命は吾田鹿葦津姫と婚姻しその地へ居住した。その名残りが、可愛(え)山稜であり、祭られているのが新田神社であろう。初期天孫族の勢力範囲内である。吾田姫は「大山祇神」の娘とされているから、明らかに「會族」(後の隼人)である。中村明蔵師らの説のように「隼人」は先住民であることはほぼ、明らかだと判断します。

ただ、大山祇神又は、命の情報は少ない。出自から種族まで決定的な定義が出ていない。三島が本願だと言われるが、だとすると、笠沙に何故、吾田鹿葦津姫が住んでいるのか。吾田姫はどこから遣ってきたのか。「吾田」と名ずけられているのだから、隼人や薩摩(野間半島)と関わりがあるのは事実であろう。すると、吾田の地域の豪族である可能性が高い。
「古事記」「日本書紀」は頻りに「襲(會)」を取り上げる。それは、「襲(會)」が以後の天孫族と関わりがあるから「襲(會)」を取り上げるのに違いない。熊會は隼人の前身なのだから、大山祇はその「襲(會)」に居住していた現住民だと考えるのが自然だろう。総体的に考えれば、上野原遺跡のある桑原郡の大隅とするのが正解だと思う。

ここで疑問な点は、「古事記」が説くように、山幸彦と海幸彦は血の繋がりがある兄弟同志の勢力争いなのだろうか、江南地方独特の風習の末子相続の説話なのだろうか。
史実は明らかに、隼人は南九州の先住民族とされている。私の理解では彦火火出見命は天孫族(私の仮説だが渡来民族)であり、「古事記」の神話と矛盾する。
すると、海幸彦はその名称を変えていたのかもしれないという仮説も成り立つ。海幸彦は「海人族」であることは間違いないであろう。そこで天孫族と共に行動をしていた天孫系の種族の可能性はないだろうか。「海人族」で同族なのは、「久米氏」がそれに近い。実に、海幸は「久米氏」であるという説も成り立つように思う。隼人族と久米氏は同族かそれに近い種族だというのが私の説なのである。
上加世田遺跡に「久米」を刻んだ土器片が出土している。加世田市は明らかに、笠沙であり、薩摩・野間半島の海人族」の地である。ここでも「久米氏」と「隼人」が近接している傍証になる。

そうすると、神武東征における「久米氏」の役割が「隼人」の役割に符合する。
久米氏は恒に、神武天皇の先導役(軍人としては近衛兵であろうか)であり、膳手(かしわで)であり、俳優(わざおぎ・久米舞)であった。それは「古事記」で海幸彦が山幸彦に約束した職掌である。「隼人」そのものではないか。ただ、史実としての実証が不足している。今後の検証の必要はある。今は、推定でしかないが、状況証拠としては可能性はある。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/492-e3da008f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。