上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は日本人の基本思想から言って、二大政党制は愚挙だと主張してきた。勿論、当時からそれに耳を貸してくれる友人も少なかった。

何から何まで米国の物まね、こんな愚かな施政者は国を滅ぼす。日本人の心の根底には八百万の神を称える「和」の精神がある。日本人には、多くの意見を聞き、それを哲学的妥協で乗り切る知恵を、太古から築き上げてきた。その象徴が聖徳太子の「和を以って貴しとする」である。

私は今度の民主・自民の二大政党制度がどんなに愚かだったか、骨身に沁みて解かったのである。
明らかに、現民主・自民は日本の政治を駄目にした。私達は、先に民主党を選択したのは、マニュフェストを支持したからである。確かに、マニュフェストは理想に過ぎた。しかし、その精神は優れたものであることは認められる。
日本人の愚かなのは民主党の旧変をマニュフェストと共に切り捨ててしまう所である。マニュフェストを生かし、育てる精神に掛けていることに、気付いていない。(育てるのには時間がかかるが重要なことである)
体制とは生き物で、繋がりを持ち、絵に書いた餅ではないのだ。繋がりこそ複合的で有機的なのである。それは時間や訓練を必要とする。もしくは復活を望み、徹底的に破壊しまた、構築するかだ。革命はそれ相当の覚悟が必要だが、今の日本人にその覚悟はない。それに気ずくべきなのである。今は、骨や肉を補強し矯正することも大切なのだ。切捨ての思想はもう終りにしよう。本物の体制を作るには自らが知性を持ち、総合的に物事を判断する努力をすべきである。それには苦難はつき物であるのだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/507-57c92e05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。