上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇摩志麻遅命はニギハヤヒ命の子で母は長髄彦の妹(三炊屋姫・みかしきやひめ)である。長髄彦は大和の先住民で各豪族をまとめている首領である。神武天皇はその長髄彦に手こずり苦戦する。終盤で神武天皇は宇摩志麻遅命を抱きこみ、根が入りを打たせて戦いに勝つ。

ニギハヤヒ命はニニギ命の兄・天火明命(あまのほあかり)と言われています。天照大神の系譜です。神武も同族ですが、私見ですがニギハヤヒ命は北九州系で神武天皇は南九州系です。ここにこの神話の興味ある視点があります。

先ず、神武天皇の先駆けて、ニギハヤヒ命が大和へ降臨します。その後で神武が東征します。一般的には侵略です。日本書紀では、神武天皇が東征したとき、ニギハヤヒ命は三炊屋姫に宇摩志麻遅を産ませてこの世を去ります。この話は長髄彦のニギハヤヒの暗殺を案じさせます。軍事や政略のためにニギハヤヒを暗殺したとしても戦略的にはありえることです。多分、宇摩志麻遅命がその事実を知って、神武天皇に寝返りを打ったとすれば現実性があります。

ただ、その後、この功労者は疎まれ、まるでヤマトタケルノミコトのように、大和周辺の土蜘蛛を征服され、
共に戦いに出た天香具山命と同様に左遷されます。天香具山命は新潟(弥彦神社)へ、宇摩志麻遅命は島根の岩見(物部神社)へと流されます。

この事実は様々な分析を派生させ、非常に興味ある説話です。機会があれば又、語りたいと思いますが、今日はこの辺で筆を置きます。

物部神社(島根県・岩見、いっくうさん・通称)の社伝。

神武天皇御東征のとき、忠誠を尽くしたので、天皇より神剣・フツノミタマ剣を賜わる。また、神武天皇御即位のとき、お祭神は五十串を樹て、フツノミタマ剣、十種神宝を奉斎して、天皇のために鎮魂宝寿を祈願された。その後、お祭神は天香具山命とともに、物部の兵を率いて、尾張、美濃、越国を平定され、天香具山命は新潟・弥彦神社に鎮座されました。御祭神はさらに、播磨、丹波を経て、岩見国に入り、都留夫、忍原、鬼、會保利の凶族を平定し、厳瓦を据え、天神を奉斎されて、安の国とされた。次いで、御祭神は鶴に乗り、鶴降山に降りられ国見をされ、八百山(やおやま)が大和の天香具山に似ていることから、この八百山の麓に宮居を築かれた。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/533-97bb707b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。