上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇摩志麻遅命は神武天皇の大和制覇の有力な協力者である。それなのに大和では厚遇されていない。最終的には出雲の岩見の流されている。(岩見一宮・物部神社の祭神が宇摩志麻遅命である)

宇摩志麻遅命は日本書紀では義理の父である長脛彦を殺害して神武天皇を勝利させている。それなのに大和武命さながらに天香具山命と共に大和を追放されている。日本書紀ではその理由を明らかにしてはいない。しかし、戦いの功労者としては納得の行かない表現である。

考えるに、景行天皇が熊襲タケルの娘・姉の市乾鹿文(いちふかや)と妹の市鹿文(いちかや)を抱き込み、姉に父を殺させ、不思議にもその姉を処罰している。神武天皇もそれに習って、義理の父を謀殺した罰として、宇摩志麻遅をまた、自らの元を追放して出雲に流したのかも知れない。

物部氏に大山祇命(櫛稲田姫の祖父)と建御名方命が出雲と関わりを見せているが、遠因として宇摩志麻遅命と関わりがあるのかも知れない。
出雲には築杵に出雲大社があるが、交流がない。と言うよりも、仲が悪いと聞く。考察に値する。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/542-ec87a234
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。