上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H・シュリ~マンは神話は史実に基付くと唱える。私もまた、その説に一類の真実を見る。

巷間、「呉」の建国伝承を創作とする説が多い。だからであろう、「晋書」や「梁書」などに倭の官吏が自らを「呉の太伯の後裔」と唱えると記しているが、その信憑性を信じるものは少ない。

ただ、1954年、中国の江蘇省丹徒県の揚子江の台地で、十数個の青銅器が発見された。「宜候ソクが周の初めの中原式の銅器が混ざっており、その器の銘文に「宜候矢(そく)が周の康王によって、この地に封ぜられた」と書いてあるのがあった。<これは、太伯・仲擁ではないが、ともかく周族の有力な貴族が揚子江南に「宜」と言う植民都市国家を建てたことは、紛れもない歴史事実であった。と、「中国の歴史」で貝塚茂樹氏は語っている。

私もこの史実を根拠として「呉」の建国があったと考え、「建国伝承」も強ち、創作なのではないとかんがえている
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/625-b03c7f03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。