上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
講和記念日については、私の父が昭和20年12月に占領軍米兵に杉並区浜田山で拳銃で撃たれ左反身不随になった。当時は薬が極端に不足しいて、手術の為のペニシリン確保のために膨大な費用を必要とし、度重なる手術のために全財産を失った。当然、吉祥寺で経営していた建設会社は倒産して、家庭は貧窮に陥っていった。

父は幸か不幸か一命を取りとめ、多少の脳障害と癲癇のため、現実を見る能力を失い、自らの信念だけに生きはじめる。父は、日本国と米国を相手に米兵の犯罪裁判に生涯をかけ、後年は対米国に対する障害者の為の補償法制定運動を兼業しはじめる。

家庭は貧困の極みで、私などは空腹の為、道に落ちたガムをかんで飢えを凌ぎ、公園の水やそれでも癒されない時は、神社の賽銭を盗んだこともある。小学校三年から新聞配達を始めたからは、漸く飢えだけは耐えられたが、貧困は母の僅かな収入だけで足りようも無く、依然として貧困は続いた。

日本が講和を米国側と結んだのは昭和26年だが、当時の吉田氏は南原繁東大総長の全面講和の主張を「曲学阿世の徒」となじり、米国と講和を結ぶ。しかし、彼は安保条約を一人で結んでしまう。
今、安保の地位協定が問題になっているが、私達はそれを考える前に多くの問題を総括する必要があると思う。新聞紙上で沖縄がその記念日を屈辱の日と読んでいるが、私も何故、それから20年も沖縄の真の開放を黙認したのか、日本国民は真剣に考える必要がある。大多数の日本人は自分さえ良ければ多少の困難には目を瞑る傾向にある。それが、戦前の陸軍と新聞社や大政翼賛会の横暴を許してしまった。あえて言えば、戦争に加担したのは大くの日本人にも責任がある。その意識が欠けているために、日本国民は同じ間違える繰り返す。

私は占領軍米兵犯罪被害者遺族の運動を通じて、沖縄の人たちと同様、異民族意識を経験した。数の少ない「海人えらの苦情は後回しだ、今、われられの生活が大事だ」と言う無言のにらみを何度と無く感じた。
沖縄の人たちも同じ感情に歯軋りしたに違いない。
私は思う。日本人の心根は、他人をいたわる心の余裕はあるはずだ、変に西欧の個人主義の観念に囚われすぎて、真の国民性を剥ぎ取っている。今、我々は日本人が持つ本来の曖昧主義のお人よしの人柄を回復すべきである。米国を頼りにする甘えを脱却しよう。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/639-4c900dd5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。