上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
政治家が哲学を語るのは当然だが、無闇に本音を語ってはならない。現実に対処するのが政治家の役目である。橋下氏は従軍慰安婦を正当化し、卑俗な人生論に置き換えてしまった。政治は国民だけではなく、他国との関係を考慮に入れながら、持論を語るべきで、世間話のように気楽に政治的話題を語るべきではない。庶民はその軽率さを身近と勘違いして拍手しているが、大いに間違いである。政治家は私人ではない。公人で国民と国に責任を取るべきなのだ。それを勘違いして橋下氏は本音を言うことで「うけ狙いを画策する」タレントではないのだから、人気取りの発言だけは辞めにして欲しい。

橋下氏のようなタレントまがいの人間は政治家になるべきではないのだ。昔のように「行列のできる某」のタレントとして余生を送ることを望む。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/643-f8bf2f1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。