上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.25 鎌足の立場。
藤原不比等には兄がいる。定恵は11歳で僧侶として遣唐している。

一説に彼は孝徳天皇の妃・倉持君国子の娘・与志古娘であったという。その子を危険な遣唐使の一員に加えたことは諸説あり、海外状況との関わりで思い国策だとする人と他人の子だけに邪魔な存在として放り出したとする見方があります。

先ず、本当に定恵が大切な子だとしたら、もう少し配慮があったに違いない。間諜としては幼すぎるし、仏僧としても修行は国内で経験を重ねてからでも遅くない。中大兄皇子との関係を考慮すれば、どうやら、生贄的な存在が紛々とする。鎌足は孝徳天皇より天智を選んだとしか思われない。

そういう打算が、この時代や鎌足の人間性に窺われるのである。その血は多分、不比等に受け継がれているのだろうと思う。非常さ緻密な姦計、現在より未来を読む確かさ、女性を方に皇室へ取り入る謀略は不比等ならではであろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/655-98684359
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。