上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予てから、ニニギ命から神武東征までその臣下の特定が出来ていなかった。私は安曇氏と久米氏それに隼人の母系が関わっていると考えていたが、安曇氏と久米氏が同族の決め手がわからないまま進んできた。
滝川政次郎師や谷川健一師は江南より九州にやって来たのが安曇氏だとしている。

滝川政次郎師は江南の政治事情で黒潮に乗って、九州にやって来たのが北九州に来たのが安曇族で南九州に上陸したのが、隼人族としている。しかし、隼人は熊襲(熊曾)の大和朝廷に服属した名称であると、する説があるが、元々、曾族は縄文依頼の先住民族で渡来民とは言えず、その論点から隼人もまた、先住民と考えることになる。

滝川師の唱える「隼人族」はやはり、安曇族とするのが妥当であろう。
私は志賀島の安曇族は本願で、薩摩の安曇族は同族の分派だと思われる。

ただ、薩摩には安曇に関する名称がない。そこに見られる同種の説話には久米氏の居住にまつわる話があるだけである。
薩摩・野間半島の笠沙つまり、加世田市の遺跡に見る・上加世田遺跡の「久米を墨守した土器片」が久米氏の居住を示している。
久米の意味は、本居宣長の言う「目の丸い南方系種族」で見られるように、南方からの渡来人の可能性がある。そして、神武東征にある久米氏の「安曇目」は安曇族との関りも考えられ、両族の職掌が「膳手(かしわで)」や海人族的性格等を勘案すれば、同族との見方も出来る。

久米氏は五世紀には衰退して、久米氏に注目して探索する識者が少ないので、久米氏のル~ツははっきりいないのが残念だが、初期皇孫神話には重要な地位を占めていると思われると私は思っています。

余談ですが、大伴氏が久米氏の後裔との説があるが、確かに五世紀に久米氏衰退以後、大伴氏が台頭していることを思うとその説もあながち、空想とはいえないだろう。大伴の「伴」は主たる氏族より従属して成り上がった氏族の印象が強い。

「古事記」にあるように、久米氏は「天孫降臨」以来の有力氏族の印象が強く、「大嘗祭」の久米舞はその名残りだと思われる。
安曇氏は北九州系の種族が主体で南九州系は少数派と思われるので注意しなければならないが、薩摩・久米氏と安曇氏が同族で、それに隼人の母系が絡み複雑ではあるが、三位一体の種族を形成している可能性はあると私はおもっている。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/657-36b95c73
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。