上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.14 安倍氏の癖。
安倍氏は語尾を曖昧にするような話し方が私は前から気になっていた。
ある心理学の本を読んでいると、意志薄弱な人の例として書かれていた。他人異存、判断の欠如が現れると言う。
もしそれが当てはまるとすると、彼は主体的な判断が欠如していて、他人の意見を自分の意見のように表現している可能性がある。具体的には官僚や政財界の受け売りである。
以前、彼は日本を「美しい国」とすると発言した。確かに、日本は緑の山々や清冽な渓流、豊かな資源が蓄えられた海に囲まれた美しい国である。その風土から、産土の神が祀られ、食性や仕来りが生まれ、文化が生活の習慣が反映する。その循環を彼はどう考えているのだろうか。TPPや原発の海外売り込みや推進は「美しい国・日本」とどう関わるのだろう。嘗て、小澤一郎氏は自らの政治理念は「仁徳天皇の国見思想」がと唱えた。ここには古い日本文化を紐解いた軌跡が窺われる。しかし、保守主義者・安倍は日本の古来から現れる痕跡も見られない。
私は彼が憲法を姑息に変えようとする、いじけた心・一見、西洋近代主義を装った中途半端保守主義のような気がしてならない。
彼はもっと日本が古来の古典を勉強して欲しい。日本の保守の原点は「和」なのを心底知って欲しい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/665-b38b0dac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。