上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大嘗祭の前日には「鎮魂祭」が行なわれる。これは神話的には「天岩戸神話」に比されよう。

天照大神はスサノオウ命が天縫殿に馬の皮を逆さに剥ぎ投げ込む、そこにいた神衣を縫っていた神女は驚き、恐れ織り機のヒでホトをつき死んでしまう。そのため、天照大神は「天岩戸」に隠れて、世の中は暗闇に包まれて見えなくなる。そこでオモイカネ神が中心になり、天宇売女神に舞を舞わせる。胸乳をむき出しホトを晒して踊る様を観て神々は笑い転げる。天照大神は不思議に思い顔を岩戸の隙間から覗かせると、イシコリドメ神が鏡を見せ、天照大神が驚く隙にタジカラオウ神が岩戸をひき開ける。
その宇売女の舞いが「鎮魂」の舞であろう。

その「鎮魂祭」が終わると、翌日、崩御した天皇の代わりの新天皇は「廻立殿」で天の羽衣を着け湯浴み(小斎の御湯)をする。ここでは采女が二人付き添うがひとりは介添えで主には「最姫」と呼ばれる巫女が新天皇を助ける。それが終わると新天皇は大嘗宮(悠紀殿・・天神との朝食、主基殿・・地祇との夕食)を天神は神座、新天皇は御座で食撰する。

天の羽衣は「丹後国風土記」に記述されている。西北(いぬい)の郡家(こおりのみやけ)・比治の里、山の頂の真奈井の井に八人の天女が水浴(みかあみ)をする。その羽衣を一つ和奈佐の老人(おきな)が隠して、天女が天に帰れなくなる。天女は和奈佐の子になり、霊酒を醸み、不老長寿の酒を生み出し売ると老人は金持ちになる。すると、和奈佐夫婦は天女を追い出してしまう。天女は悩みながら流浪して最後に、奈具の里で落ち着いて、その里に留まる。天女の名は「豊受賀能売命」である。
ここの重要な点は、酒と豊受賀能売命であろう。酒は米の象徴であり、豊受賀は伊勢神宮の外宮の守り神で食事の神様である。羽衣はその米の霊を包むものである。つまり、天皇が天の羽衣を纏うのは豊穣の象徴に他ならない。

また、ここでは湯浴みは神話の「禊ぎ」である。
禊ぎは、イザナミが死に黄泉の国へ旅立つがイザナギはまだ現実に国が完成していないから、黄泉から戻るように依頼すると、イザナミ(妻)は黄泉の食物を食べたので帰れないと言う。
この行為は「産土神」を思い起こす。「産土」とは古来、出産は自家では行なわないで、別途「産小屋」を設け、土(砂)を敷きその上に藁を重ねて、立って御産をする。その際、胎液や血が「土」に沁み込む。その土のことを「産土」と言う。(御産の後、小屋は焼かれると言う)
つまり「産土」とは生命の源の象徴であろう。その血を含んだ土地が生んだ野菜や動物の肉は土地の霊が乗り移った神聖なものである。イザナミが黄泉の食べ物を食したと言うのはその食霊が染み込んだものである呪縛がついていると謂える。だからこそ、イザナミは黄泉の大王にその呪縛を説いてもらう必要があるのだ。その待ち時間は短いはずはない。イザナミがイザナミに待つように約束(掟)は必要かくべからざる掟であった。それをイザナギは自らの「櫛」で火を燈し覗いてしまう。そこに顕現したのはイザナミの腐った身体で各箇所から雷鳴が轟き光っていた。「掟」を破ったイザナギは黄泉を追われ、遂に黄泉の穢れを祓うために「禊」をすることになる。
その「穢れ」を祓う行為が「廻立殿」の「小斎の御湯」であろう。

「廻立殿」の禊が終わると、大嘗宮(特に、悠紀殿)に移り、そこに設けられた、神が降臨する「神座」と新天皇が坐す「御座」に入る。新天皇は「神座」に行き、神と共食する。

この神事は「天孫降臨」に比される。神は天照大神であり、新天皇はニニギ命であろう。共食とは、新天皇がニニギの精神を受け継ぎ、天孫の実質的な後継者になることを意味する。(これが天皇が現人神になることなのであろう)

大嘗祭は神話の具現化であると、私は思う。その意味は深く限りない。浅学の私にはまだ解明が不十分であろう。なお一層の研鑽が必要である。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/686-c2f83b78
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。