上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「南方神話と古代日本」(千田稔)を読みました。参考になるので、抜粋しました。
<鹿児島県の西側の薩摩半島の阿多が、日本文化を考える一つの原点になる土地でないかと思います。
海幸・山幸の「記・紀」の神話を読んでいると、この話は阿多のあたりで展開されているのではないかと考えられるのです。
薩摩半島の南の方、もう少し具体的な現代の地名でいいますと、坊津というあたりも阿多に含まれていたと思います。
鑑真和上が中国から遣ってきて漂着した所が秋目(坊津)です。海幸・山幸の神話はおそらくそのあたりを舞台にして展開されたのではないかと思われます。
山幸はトヨタマヒメと結婚しますが、その父親・豊玉彦にあたり、それは安曇氏です。海人族・安曇氏に連なる人物であろうと思います。
すると、海幸・山幸神話は、単に隼人だけの伝承(海幸は記・紀では隼人の祖としている)だけが記されたものではなく、そこには安曇氏の神話・伝承も挿入されていたと考えられていたと思われます。

確か、鑑真和上は秋目に着く前に、沖縄へ漂着しています。直接、秋目に着いたわけではありません。

滝川政次郎は江南から黒潮に乗って南北九州についたとされています。北に着いたのが安曇氏で南は隼人と記しています。しかし、隼人は先住民族である曽於族の分派か連合種族だと私は思っています。南九州に着いたのも、同じ安曇族でしょう。安曇族と曽於族(隼人、ここでは阿多隼人でしょう)の融合した連合集団が日向三代を造り、神武帝を東征させたと思います。神武東征は海人の協力なしには遂行出来ないでしょう。隼人や曽於族には大集団を遠くに航行させる能力は考えられないから、どうしても神武東征は安曇氏の航行技術が必要であったはずです。その考証ができないのが甚だもどかしくはありますが、どうしてもそれを見つけなければならないのです。

千田稔は「南方神話と古代の日本」
<もともとは安曇氏も隼人と同じ根拠地を阿多地方に持っていた可能性があるのではないかと考えられます。
阿多地方の分布
薩摩国・阿多郡阿多郷~ホウキの国(鳥取県)の日野郡(旧・阿多郷)~奈良県、吉野川沿い五條市・阿多集落。沖縄県にも安田(あた)がある。
「呉」(ご・くれ)の用語について。
呉橋~半円形で階段が備え付けてある。呉床~折りたたみの椅子。呉服(織)<くれはとり>。呉音<ごおん>~世俗のごちゃごちゃした音。呉桃<くるみ>。呉楽~伎楽舞<くれがくまい>。呉斤(権)<ごきん・れはかり>。
O伎楽舞には呉王、呉女の外、胡人を表す。
酔胡王、酔胡従がある。

「記・紀」には阿多の鵜飼の祖がいたと記す。

安曇氏はアドとも読み、阿刀氏に通じ、物部氏の一族でもある。「旧事紀」ニギハヤヒ命の東征には物部氏が随伴していますが、その中に阿刀氏もまた随伴している。また、阿刀氏は大和川の船運を司っている。明らかに阿刀氏は海人族でそういう点では安曇氏と共通している。

亀山勝は「日本列島には、縄文人が水路を使用して築いた交易網があった。そこに操船と交易に長けた安曇氏が参入して来た。
安曇氏は情報網がはりめずらされ、各地の仲間と接触を図っていた。また、安曇氏は奥地の棚田と養蚕の拡張も行っている。

これは神武東征の条で塩土老爺が神武帝に助言したように正確な情報を掴んでいたのは多分安曇氏との関わりが濃かったからだろう。(私見だが塩土老爺は安曇氏の首長である)
<大浜宿禰>(安曇連の祖)は各地の海人族を鎮めたとあるように、安曇氏は各地の海人族を統率して、天皇に仕えた氏族であった。~これは神話にある塩土老爺の史実なのかもしれない。(私見)

曾君は八世紀になっても、その勢力を保ち持続させていた。曾君は隼人の最大の勢力であり、その根拠地は一部を鹿児島湾岸におきながらも、南九州の内陸部を領有しており、容易には大和政権に屈しなっかた。

隼人の墓制
地下に構築した墓制は畿内系高塚が導入される以前からあった土着文化の所産で、例えば、副葬品などに畿内的文化の影響があっても、墓制だけは変わらず、副葬品には身分的格差はあまり見られず、装飾品が少なく、攻撃的な武器に限られていた。ここでま勇猛で且つ頑固なわりに、新文化の摂取を拒んだ隼人の姿が窺われる。(乙益重隆)

仁徳天皇の皇后(磐之媛)の父<葛城襲津彦>の出身地は日向の襲(大隈国)である。葛城氏は黒潮海人族で紀氏や和邇氏等の海人族と関係が深く、難波、紀伊を結ぶ海難要路を確立し、西日本や海外との積極的な交渉が出来て、権力基盤を確立することが出来た。

また、ニニギ命の皇后(神阿多鹿葦津姫)の父<大山祇命>の出身地は曽於(襲・大隈国)である。葛城氏と大山祇命との関連はひょっとすると安曇氏にも関わるかもしれない。すると、黒潮海人族関連の勢力範囲は広くなり、神武東征が可なりの規模で推進されていることになり、現実性がますことにもなる。

安田喜憲<龍の文化・太陽の文化>より
東アジアの政治的秩序の中に組み込まれてもなお、日本の大王は、長江流域をたえず意識し、長江流域の人々こそが自分達の兄弟だと考えている節がある。政治的な見せ掛けは北方的でも、心情的には南方的であると思っている。
偶とは頭の大きな虫又は、母猿(赤目テナガザル)のことである。倭は蚕や手長猿を言うのかもしれない。

鈴木正崇は「銅鼓についての断章」(自然と文化)で「動物性の介在の第一として指摘できるのはサルと言う動物との一体化である。第二は葬礼の時の水牛供犠の伝承で、この由来として嘗ては死者がでると、その肉を子供達が共食する習慣があったが、後にこの習慣が改められて、水牛を殺してその肉に祖先の肉を取り入れ一体化し、それを伝えていくと言う再生観の表われと見ることが出来る。」と述べている。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/70-ebe6a4e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。