上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は予てから、疑問に思っているのは、山幸彦と海幸彦の説話である。

何故、兄である海幸彦が弟である山幸彦に服従しなければならない事言うことである。山幸彦は端的に言えば、山の民である。そして海幸彦は海の民であろう。
古代史はその海の民を核として歴史を作ってきた。折口信夫の説く「まろうど」信仰は海(常世)を日本人(和の民)は尊崇してきた軌跡であると述べる。その「まろうど」の具体的な名を挙げれば、中国思想と朝鮮思想であろう。神話的に言えば、安曇族と宗像族の齎した思想がそれにあろう。

だが、八世紀の大和人はどうやら、朝鮮から「儒教の洗礼を浴びた種族」が日本列島に先住していた縄文人を屈服させて、先住民と婚姻をかさねて、この国の覇権を取ってきた。先住民はその母系を繋ぐことによって僅かながらその血筋を繋いできた。しかし、文化的には渡来民が先進性に優れ、農耕や灌漑技術それに金属技術や軍事力の先進性は先住民族を圧倒し、先住民族の生き残る道は融和するより術がなかったと言える。

先ず、神話はニギハヤヒ命と物部氏の東遷から始まる。大和への進行はニギハヤヒ命と長脛彦の融和から始まる。つまり、これが山の民なのだろうか。
そして、南九州より海の民であるカムヤマトイワレヒコが侵略したと言うわけである。
海幸・山幸の状況背景はそのような設定であり、山の民(先住・ニギハヤヒ族の融和民)が海の民(海人族)を服属させた物語りではなかったか。

本来、縄文時代から、卑弥呼を引き合いに出すまでもなく「和の国」は出産の司る女性崇拝(地母神)の風潮が著しく、母権性集団であったのである。それを海からの渡来民族が駆逐して言った。
神話はそれを「国産み神話」でイザナミの先行を諌める形で表現する。「女性が優位」であることが「蛭子や淡島」をうむと言う寓話で示したのである。(私はここに儒教の男性優先主義をみる)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/716-240353ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。