上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予期した通り徐々に民意が政治屋の思惑の中に取り込まれているような気がする。

私は基本的には、今の世の中に必要なのは、独自性と中立性であると思っている。
中立はどちらにも属さないと言うことではない。自らの立ち居地を自覚することです。氏神信仰に似た構造で自らの生きる場所を優先すると言うことです。

昨今、国会中継を聞いていると、私は今の日本があらぬ方向に向っているようで不安でならない。
例えば、NHK会長の籾井勝人氏の個人的発言と言う暴言である。

「従軍慰安婦はどこでのある現象だ」「特定秘密保護法は通ってしまったのだから仕方ない」「NHKは政府が右と言う事を左と言うわけにはいかない」
公共放送は国民の視聴料を徴収している以上国民の視点でものを見なければならないのに、この人は政府側に立って放送を制作しようとしている。穿っていえば、この人と安倍氏はお友達の関係にあり、安倍氏の意向に耳傾けてくれる人を選んだと言われても仕方ない。安倍氏はまだ、彼が野党時代にNHKに圧力をかける政治家で有名であった。
安倍氏は判り易い人間と言えばいい人で単純な頭脳の持ち主である。自分の思ったとおりに物事を運ぼうとする人間である。まあ、独裁者といえるほどの才覚と度胸を持ち合わせてはいませんが、危険な一方的に物事を考えがちな人です。その名人間だからこそ、公共放送の長はそれを批判的に諌める頭脳が必要なのですが、籾井氏のような従順な人は不適任だと思わざるを得ない。また、経営委員会が開催されたが、そんな無能な経営者を「個人的な暴言を慎め」だけの軽い意見に留めたのはやはりお友達の軽い会議だからだろう。

2月2日の「東京新聞」で銀座の<じゅじゅ>でその常連から「籾井氏は乱暴な男なので店に入れないように」と忠告をうけたが<じゅじゅ>のママは客として扱ったが常連の言われるように泥酔して暴言を吐きたたき出された経験があった。と報じている。この弱気をくじき、強気に従う放送会のトップには相応しくない人材と言える。

私は名護市市長選挙の周辺で、安倍内閣の圧力政治を思わざるを得ない。公約で基地設置反対派の党員を強引に賛成派に転向させ、沖縄市長にも公約を翻させた。このような政治を許してはならない。

安倍氏は近隣諸国の状況を見直すと言い、教科書に道徳を奨励すると提案する。また、現在教育委員会は民間で組織されているが、それを地方組長に権限移行するように改悪しようとしている。彼の目指している状況は見えすぎるほど見えるではないか。こんな見え透いた政治を許してはならない。
大政翼賛会と言うほど露骨に言うつもりはないが、安倍氏の政治は「日本人がその底で持っている。和の精神」に反しているばかりか、集団自衛権の先にある憲法改正そして軍備の正当化と戦争の可能性の実現などを考えると、この網の目のような多方面を締め付け、自らの権力を扱い易くする方策を容易く通してはいけない。

最後に安倍氏の諸外国への「原発」売り込みは経済界へのゴマスリだろうが、ここでも政治と経済は分離されるべきで、一歩譲って政策は許すとしても、経済行動に等しい売り込みは職権乱用である。経済行為は経済界に任すべきである。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/718-51b5d1c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。