上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.02.09 濁り
答え有りの恐ろしい状況が淡々として進行しているのが恐ろしい。一部国民は自民党の政策を絶対多数を認めて選任した。その上で、彼等は政策を実行しても文句はいえない。彼等が哲学・良識があるとしてだ。

彼等・安倍晋三氏が望む偏った政治は彼の胸さき一存で全部通ってしまう。党内で自由な討議が行われるのが本来の正当だが、沖縄党員の恫喝に見られるように今の自民党には「正義」はない。ただ、職業としての議員の存在しか感じられない。(多分、小選挙区制の弊害だろう。党の意向が優先されている)安倍氏は高を括り尊大で衣のしたというより(そんな謙虚さは微塵もない)選挙多数を楯に持論をごり押ししてしまう。
それも一部国民は甘んじて受ける覚悟で選んだのだから仕方がないのだが、まあ、眉に唾を付けて甘んじるしかないでしょう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/722-09d2f520
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。