上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
震旦(しんたん)国の陳大王の娘の大比留女が七歳にして身ごもった。大王が問いただすと、朝の陽の光が胸を覆っている夢を見たら妊娠していた。大王は驚き、娘とその子を空舟(うつぼぶね)に乗せて海に流した。母と子は日本国の大隈(鹿児島県東部)<南九州の伝承>の海岸に流れ着いた。王子は大隈国に留まって正八幡として祀られ、母の大比留女は筑前香椎の聖母(しょうも)大菩薩<北九州の伝承>として顕れた、と言うものである。<柳田国男・妹(いも)の力より>

これは江南からの海人族が齎した説話であろう。大隈正八幡宮は鹿児島神宮とも言い鹿児島県・姶良郡に建てられている。祭神は彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)である。
同様の八幡縁起は宇佐神宮にも存在する。祭神は宗像三女神と神功皇后・応神天皇の親子縁起がある。この縁起は新羅からの伝承であろうが、母子(おやこ)説話は同類説話である。
ただ、一方は江南からであり、他方は新羅からの伝承である。南と北の違いはあるが、非常に興味ある話である。
私は北九州系王朝がニギハヤヒ命と南九州系王朝・神武天皇の東征神話との関連を思わせ、一考を要する事項であろうと思う。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/75-24b5e520
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。