上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
産土神や黄泉戸喫は地産地消の原点でしょう。産土とは生命誕生に関わる創生の象徴であり、黄泉戸喫はその生命を司る地(ち・くに・・・土地)が生み出す要素が関わります。「古事記」には黄泉国でイザナミ神がその地の食べ物を食したために葦原中国へは帰れないと述べます。また、ギリシャ神話でも地下に行ったぺルセポネが地下の国の食物である柘榴を食べた為に地上に帰れなかったと書かれています。これは産地と食物、生活と血になる原動力(生命のもと)の問題で、その土地の食はその土地の人を決定するという事でしょう。

生物が生存する為には、その土地の食物が重要な要素であり、あらゆる要素がそこで決定してしまうと言っても過言ではないでしょう。生活や文化もその土地が長年かけて育む「気」が形造られるのは容易に理解できます。多分、時間をかけてDNAに働きかけ、環境がそれを増長して人を種族を造りあげるのでしょう。

いま、自らの足もとが不安定になり、何ものか解からぬ悪鬼によって崩されようとしているかの妄想を私は持ちます。
家庭の躾、公共の教育、忍び寄る寡占思想それらは着々と人のモラルを切り崩しているような気が私にはしてならないのです。善良で素直な人たちは悪徳に満ちた亡者達によって知らず知らずに泥沼に引きずり込まれて行く妄想を観るのは私だけでしょうか。ある説話では、悪鬼は観音の顔をし、仏の心をまとった夜叉でと言います。甘い言葉は人に受け容れ易い、悪鬼はそれを利用するのです。

嘗て、米国は石油や資源を求めて「世界の警察」などと言う美名に隠れて、力で産地を侵略して来ました。分散複合体などという言葉が蔓延り、貧しい若者を戦地へ駆り立て、資源を略奪してきたのです。それによって貧富の差はひらき、多くの貧困層を生みました。それが現在の米国の勢力低下を生んだのです。人にぎりの富める者がいても彼等は手を汚さずに死にに行く事はないのです。死にに行くのは貧者で生きる為食べる為に戦地と言う高い賃金を求めて行かざるをえない情況に置かれ仕方なく戦地へ赴くのです。その時使われる有効な言葉は「愛国心」です。この美名でどれ程の若者だ信で言ったのでしょうか。

今、私達は素直に自分が益するのはどういう事か真剣に深く考えるべきです。表面的な現状や言葉に左右されず、隠された真実を見抜く知性を養うべきです。それは自らの足もとから考えるを始めるのが得策です。

私は何時も思い浮かべるは、「古事記・日本書紀」の塩土老爺に言う<東(ひんがし)に美き地(よきくに)あり、青山四周(よもをめぐ)らす>と言う名言です。

日本は美しい山や川そして豊穣の海に囲まれた幸の国を持っています。産土神はそれを育むように見守っています。それを大切に地元をめでる人がこの地球を守ることになるのです。

唐突に言います。アフリカには資源を守る援助を某国のようにギラギラした経済侵略をすべきではありません。地産地消の精神こそ、古来から「日本(和)・やまと」が育んだ国の言葉です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/755-c104c84f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。