上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千田氏は「三輪山の古代史」で興味ある提案をなされていますが、私が模索している南九州と大和(神武東征)に関わる文章を披瀝し、少々関連ある事項を述べて見たいと思います。

「新撰姓氏録」のなかに、大和国の神様に関係ある氏族の系譜は、「素佐能雄命六世孫大国主之後也」とかいてあります。・・・・大神神社は大物主命をあまつりしているわけですから、大国主命と大物主命はたいへん関係が深い。同一神であるというように読める場合と、やや違った神様と読める場合があります。「古事記」と「日本書紀」とで違いますが、しかし非常に関係が深いといえます。そういうところからみると、大神朝臣はおそらく平安時代に、この三輪山をお祭りしていた一族であると思いますが、その系譜はたしかに納得できるわけです。
ところが、賀茂朝臣についても、「大神朝臣同祖。大国主神後也。」と書かれています。賀茂というと京都の上賀茂・下賀茂神社がすぐに思い出されますが、ここで書かれているのは大和国の賀茂氏のことで(別注)、現在の金剛山の麓、葛城地方に由来する氏族、賀茂朝臣なる大神朝臣とちへん親しい関係にあったと書かれています。この問題は、葛城の山麓と三輪山との関係を説明するのにたいへん都合がよいわけです。

注・大和賀茂氏の氏神は阿遅須高彦根命で高鴨鴨都波神社に祀る。山城国・賀茂別雷神社(上賀茂神社・祭神は別雷神、賀茂御祖神社(下鴨神社・祭神は賀茂建角身命・・・鴨県主の祖)である。

「つぎに河内国の神別として宗形君なる豪族が出てきます。この「宗形」というのは、「宗像」と書いた方がわかりやすいと思います。日本の海洋民族には二つの大きな勢力がありました。一つは宗像氏、もう一つは阿曇氏です。宗形君と言うのは、「大国主命六世孫」とあり、そして「吾田片隅命之後也」と書いてあります。この「吾田」と言うのは地名だと私は解釈します。
それで吾田はどこか。平安時代に編まれた「和名抄」に「薩摩国阿多郡阿多郷」とありますが、現在の鹿児島県にこの地名は残っていません。しかし場所はだいたいわかっており、鹿児島県加世田市、薩摩半島の西南部、むしろ鑑真和上が上陸された坊津付近といったほうが分かりやすいかもしれません。

大和には神武天皇が東征するとき塩土老爺が重要な要になっています。「日本書紀」の<東に美き国あり、青山四周らす>に触発されて神武天皇は薩摩から大和へ向います。
その塩土老爺が「吾田」の安曇氏だという説は注目に値します。ただ、安曇氏は文献に「吾田」の痕跡を残していないの気がかりです。千田氏は「吾田」を加世田市と述べられていますが、この地には遺跡があります。一つは「久米氏」の土器片だ残っている。もう一つは縄文草創期に「かこいノ原遺跡」に「吾田」を象徴とする<丸ノミ式石斧>が出土していることです。

久米氏と隼人そして安曇氏は同族だと思われるのですが、現在ではそれを確定する資料はありません。仮説として提示するのみです。
ただ、「吾田」の海人族としての行動は古代は目覚しく、広範囲にその影響を及ぼしています。「かこいノ原文化圏」は大隅諸島から沖縄まで広がっていますし、種子島の遺跡を見るとそれは対馬海流に乗って東北まで影響は伝わっているといって過言ではないでしょう。それは出雲にも波及していたに違いありません。

出雲で気になることは、崇神天皇の代で、出雲振根が筑紫にまで出向いていることです。古代において出雲から筑紫(これは広義には九州を意味します)には生命をとしていかなければならないでしょう。それ程重大な航行なのです。政治でしょうか、それとも経済でしょうか、祭祀だとも思われます。出雲振根の具体的行動は詳らかではありませんが、相当重要なことで南上したに違いないのです。

ここで薩摩、大和、出雲の関係が「舟」による交流が考えられることが解かります。様々な遺跡を調べていて、古代の海人の行動は多岐に渉り、様々な影響を与えているのが解かってきました。私は「神武東征」をそうした海人族の軌跡に考え合わせて行こうと思っています。その点で千田氏の仮説は大変勉強になります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/760-5f933690
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。