上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は公明党が安倍政権の集団的自衛権の閣議決定に抵抗していたのを見守っていた。
このまま自説を主張すれば平和党としての役割を認めようと考えていた。しかし、内心この党派権力に迎合する傾向にあるのを捨ていれなかった。

矢張り公明党のメッキは剥がれてしまった。
私の父方の親戚はほとんど創価学会の入信者である。(中には会員獲得に成功して幹部になった人の含まれる)父は昭和20年12月に当時日本へ占領してきた米国兵士の強盗に至近距離より短銃で後頭部を射抜かれて、左半身を失った。当時の日本の施政者は、愚かにも国民の個人の請求権をも放棄してしまった。(ドイツもイタリアも個人の権利は守っている)
我が家は父親の治療に物資の少ない日本で全財産を投じて父の命を守った。

しかし、その財産は法に守られる事もなく、失ってしまった。その後、私も父親を背負って賠償請求を法律化する為に運動に奔走したが、結局、米国も日本政府からも見放されて貧困のまま戦後を向かえた。

その過程の中で、創価学会は父の生存の奇蹟に目を着け、学会幹部として向かえ入れようと画策してきたが、父はそれを拒否してはねつけた。彼等は父の奇蹟を当時の報道紙S紙に掲載しようとしたらしい。親類諸氏も積極的に進めてきたが、父は首を振った。
そんな情況で私は彼等公明党の結成にも親類を通じて様々な思惑を見聞している。

彼等は結成時に自分達の利益になるならなんでもすると宣言している。その時私は彼等が国民の党でなく自党の欲望達成の党だと理解した。
だから今回の集団的自衛権の閣議決定論を承認したのにも驚かなかった。彼等は何やかれポ一ズの党で何れは本性を表わすと思っていたからである。決して彼等は庶民の党ではなく、安倍政権の死の商人に近い政策をも飲み込む迎合集団だと推察していたからである。その真意は自党の欲望を優先する、狭い感覚の党に他ならない感情の党の体質はこのポ一ズで明らかになった。政治は過程の大事だが結局は結論が優先されるのである。彼等に離党の決断があってもいいように思うが、私の推測どうり自民党に擦り寄る情けない政党の道を選んでしまった。
これではこの党を信用しろと言っても出来ない相談である。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/761-36fc306d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。