上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
常日頃、ニニギ命は何故日向の高千穂の曾(襲)に天降ったのかが疑問の焦点であった。
持論で言えば、笠沙こそニニギ命の出発点であるのが自然だと思っていた。ふと、最近、吾田津姫(コノハナノサクヤ姫)が語った自らの父は大山祇命が重要なヒントなのではないかと考えるようになった。

高千穂の曾は桑原郡(現・国分市)であり、大隅地方である。そこに居住していたのが大山祇命でニニギ命と大山祇命を関係ずける為の発言なのではないだろうかと言う考えに到達したからである。
大山祇命は火具土の分身である。そして山の神でもある。つまり、それは火山と密接な関係を持つ。高千穂の曾は大山祇の勢力範囲内なのだ。多分、巫女である吾田津姫は野間半島の曾族(後の薩摩隼人)に派遣された曾族の分家にあたると考えられる。実際の天孫降臨の地は「笠沙」なのだ。「笠沙」と「高千穂の曾」を結びつける為に「笠沙」の神話は語られたのであろう。

この原点は、ニギハヤヒ命が北九州から物部氏を引き連れて、大和へ東遷した伝承と重なります。ニギハヤヒ命は長髄彦の妹である御炊屋姫を娶ります。この構図はニニギと大山祇、ニギハヤヒと長髄彦、吾田津姫と御炊屋姫に
類似が示しているように二つの現象が詳細が不明な為同じ構図で締めくくったと思われます。
「古事記」にも「日本書紀」にもそこに先住民と皇孫族の大きな戦いを記述しないのは、双方の融和があったからでしょう。日本古代史には世紀の決戦が語られません。私は日本先住民族の大いなる妥協がその原因なのだと思います。縄文時代からのアニミズムの思想が先住民族をして母系で血縁を繋ぐ融和策を考え出した結果が「天孫降臨」の神話を形成していると仮説します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/781-44f7ab59
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。