上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は五年前のノ一トを見返していて、土偶を再考していた。

土偶はバラバラにされて地中に埋められている。一説には病災の代替呪術もあるが、通説は地母神信仰の現われだと言われている。
また、この形態はイエンゼンが唱える「ハイヌエレ神話」からの「古栽培民説」との類似が顕著である。

「ハイヌエレ神話」は食料起源神話で、池で死んだ猪の牙から生まれたココナツの種から生まれた女神が殺されて地中に埋められ、その身体からイモ類ができたとの神話である。
土偶は前5000年に最盛期を迎える現象であるので直接に関係はないだろうが、日本において土偶が「古事記」「日本書紀、に見られる「保食神やオオゲツ姫」神話に受け継がれた現象はその繋がりを意味ないものと見過ごすことはできない。
それはこの現象が非常に深い意味を持ち、哲学的な人類の食の根源(生きるための営為)と密接な関係があるからである。

私は少し飛躍しているようだが、伊波普ゆう師の始原的な沖縄の葬礼を述べたいと思う。

沖縄では肉親の葬礼で豚肉料理を会葬者に振舞う。その理由の起源を述べている。
この風習がかつて南島全体にあったことは、最早疑う余地がない。これに就いてはかういふ民間伝承がある。昔は死人があると、親類縁者が集まって、其の見句を食った。後世になって、この風習を改めて、人間の代わりに豚肉を食ふようになったが、今日でも近い親類の事を真肉親類(まししおえか)をいひ、遠い親類のことを脂肪親類(ぶとぶとあおえか)といふのはこういふところから来た。

又、三重・志摩地方にも「マナ箸の神事」があり、「弓祭」で採った「ボラ」を食する。そして、「マナ箸の神事」はかつて、生贄を食べる前に「屠人放の神事」がある。男が女装して、童子の藁人形を入れた桶を海に流す。これは民間伝承では「人身御供」の形と伝えている。「屠」は身体をバラバラにして殺す意味で本来は人であったものが人形に代替されたものである。

更にニュウギニア・キワイ族の伝承があり、これも「ハイヌエレ神話」と同種の伝承である。
ソイドという男は妻を殺し、その死体をバラバラに切断して整地した土地にバラまく。すると、その土地に食料をもたらす。ヤムイモ・タロイモ・ココヤシ・サゴヤシ・バナナが生まれたと言う。

食物起源伝承は、その古層で食人行為が隠されている。
エリア一デは「神話と夢及び神秘・地母と宇宙的聖婚」で、北米原住民ウマティラ族の預言者の土地に対する耕作の拒否。つまり、地母神に対する贖罪をうたった文章を載せ、「大地の自然状態を何らかの仕方で破壊する事で、そこから人為的に食物とかその他のものを発生させたり、獲得する人間の文化的生産営為はそれ故、全てから地母の身体を容赦なく傷つけて刻む殺傷の上になりったていることになる。と述べている。

食人と食物起源神話は深層心理層で深く結びついている。その表現が土偶の祭祀的な処遇であり、その解説が「ハイヌエレ神話」であろう。縄文時代における「土偶」の信仰は単に食物起源伝承に止まらず、日本列島の出産つまり、生命創生の神話でもある。朱や入墨は邪気を祓い、存在の「幸ち」を祈る呪術的な祈りでもある。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/797-c0c066ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。