上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少々長いが、ハイヌエレ神話は食物起源神話の基本であろうと思うので詳細を記することにした。

アメタ(黒い・闇の意)が犬を連れて狩りに出た。犬は森林で猪を嗅ぎつけて、追い詰める。猪は池に逃げ、溺死する。アメタが死んだ猪を引き上げると、猪の牙にココヤシの実が付いていた。アメタはココヤシの実をサロング・パトラ(蛇の模様のついた布)に包んで台の上に置いた。このヤシの実を地上に植えると、三日後にはヤシは成長し、また三日後には花が咲いた。その花を切ろうとして、アメタは指を傷つけてしまい、その血が花の液に混ざると、一人の女になった。その少女はたちまち成長する。アメタは少女をサロング・パトラに包んで家に持ち帰りハイヌエレ(ココヤシの枝の意味)と名ずけた。娘は正常な人ではなかった。三日後には成長した。そして、彼女が用便すると、それは皆、貴重な品物になる。
アメタはたちまち金持ちになった。

其の頃、祭儀の舞踏の庭では盛大なマロの舞踏会がもようされ、それは九日続いた。九の家族が参加するマロの祭りで女達は中央の位置を占め、踊る男達にシリ一の葉とビナングの実を渡す役目をするのが慣わしだった。ハイヌエレも中央に立って、男達にそれらを渡した。

しかし、翌晩には、男達に二夜日には珊瑚を与えた。三夜日には美しい皿を四日には大皿、五日は
山刀、六日は美しい銅のシリ一箱、七日は黄金の耳飾、八日美しい銅鑼を与えた。が、男達はハイヌエレを訝しく思い、彼女を疑い、彼女を殺すことに決める。九日の夜、男達は踊りの広場に深い穴を掘り、舞踏が始まり、ゆっくりと螺旋状に廻る踊りの輪の中で、男達はハイヌエレを穴の中へ落とした。マロの唱歌が少女の叫びを消す。人々はあ彼女に土をかぶせ、穴の土を踏み固めた。夜明けにマロ舞踏は終わり、人々は家へ帰る。

祭りが終わってもハイヌエレが家に戻らないので、アメタは殺されたのを察知し、アメタはココヤシの葉脈を九本取って広場へ行き、九本を次々に地中に刺した。九本目の葉脈を抜き取ってみると、ハイヌエレの頭髪と血が付いていた。アメタは彼女の死を知り、死体を掘り出して、彼女の両腕を残して、他は細かに切断して、舞踏の庭のあちこちに埋めた。

すると、埋められた身体の各部分は、当時、地上になかったものに変わった。先ず、少女の胃から大きな壺が生じた。その壺は今日でも聖なるものとして保存され、少女の胃と呼ばれ、酋長の財産となっている。

ハイヌエレの肺からイモが生まれ、胸からは女の乳房の形をしたイモが、少女の眼からはイモの塊になる新芽が生じた。恥部からは明るい紫の良い香りのイモが生じた。尻からは乾いた皮を持ったイモが、耳からは上に向いて成長する耳のようなイモ、太腿からは大きなイモ、頭からはイモの塊になった。
これによって、以後、人類はイモを得ることが出来るようになりそれを食べて生活をしている。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/799-6ca28278
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。