上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は以前、古代史は広く深いと言った。
「火の神」の始まりは、迦具土神である。其の子に火雷神がいて(大山津見神も迦具土の子である)、賀茂別雷神社の別雷は火雷の子(御阿礼神事の祭神)で賀茂建角身命はその祖父である。

賀茂建角身命は南九州との関わりがある。風土記にこの神は日向の曾の峯に天降ったとある。そして「山城国風土記逸文」には賀茂神社の祭りには、馬に鈴を懸け、人は猪の頭を被って競馬をしたと記している。
一説にはこの神は鬼八との争いを伝える「的石伝説」がある。又、ウガヤフキアエズの三男・御毛沼野命のまた鬼八を殺す伝承がある。

その伝承は、「鬼八は御毛沼野命に殺されて、土に埋められたが、執念深く生き返った。そこで命は鬼八の身体を三っに切り裂いて四方に埋めた。そして、その怨霊を鎮魂するための祭りが「猪掛け祭」である。神主は笹を持って舞ったという。・・・何やら中国の神話に現れる「シユウ」に似ている。

谷川健一はその著書で「南九州から以南は、豚・猪の文化圏とみなし、猪が山の神として、九州の脊梁山脈の中で崇められていたと説いた。

私はここで<猪と火・・・火山地帯>の関係に興味が湧く。それは建角身命や御毛沼野命が鬼八と関わり、鬼八を鎮魂する為に「猪掛け祭」が行われている事に起因する。

猪は日本武尊もまた猪が大きな要素を秘める。中国では羊が同じように尊ばれる動物だが、それは神に捧げる生贄なのであろうが、その根本は生贄の始原は人間であった事による。生贄は神聖で神に近い存在である。多分、羊は人間に一番近くにいた動物で親近感が人と同様な存在であったからであろう。その説で言えば、猪や豚もまた人間に一番近く有用な動物だからであろうか。

私は嘗て長崎の普賢岳の噴火で犬が生き延びていたと言う新聞記事を読み、動物の異常な生命力や災難を防ぐ直感力が火砕流を逃れたのだと思う。南九州は何度かの火山噴火の猛威に襲われ絶滅に近い危機を経験していた。南九州の縄文人はその経験を危険を察知して、海へ逃れたと推察しているのであるが、森林に生活する猪は火山の猛威を奇跡的に避ける動物的勘を先住民族は見聞していて、その生命力を脅威の存在として、敬ったのであろうか。
親近感と神秘性を人の代わりに相応しいと思ったのかもしれない。あくまで仮説あるがそんな気がしてならない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nigihayahi91.blog65.fc2.com/tb.php/823-eda814b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。